ダイエット・・・短時間の運動では効果が無い? – たべ新聞

たべ新聞

0

健康のレシピ

ダイエット・・・短時間の運動では効果が無い?

2016.12.15

私達がダイエットをしようとする時に肝心なのは、『体脂肪を減らす』という事です。

皮下脂肪や内臓脂肪は、呼吸で取り込んだ酸素を使い、エネルギー源として利用しなければ減りません。

この「有酸素運動」の代表例は、ウォーキングや軽いジョギングです。

運動中に体が熱くなってゆく感覚が、体内でエネルギー源を燃焼しているサインです。

 

けれども『20分以上の運動でなければダイエットには意味が無い。』という説を聞くことがあります。

はたして、短時間の運動では効果が無いのでしょうか?

 

運動のエネルギー源は、体内に蓄えていた分と、食事から摂った分の、糖質と脂質です。

有酸素運動は、開始直後は糖質の利用比率の方が高いですが、脂質の利用も始まっています。

そして、20分経過した頃に、脂質の利用比率が糖質に追いつきます。

それまで脂質が利用されていない訳ではありません。

 

このように、糖質と脂質の利用比率の変化はありますが、

細切れの時間を見つけ、こまめに運動量を積み重ねる方法も、

ダイエットに効果的である、ということが出来ます。

 

忙しく、日常的に運動を行う時間を作れないとお考えの方は、

改めてダイエットプランを考えてみてはいかがでしょうか。

健康のレシピ

2018.06.14健康のレシピ
お酢のお話
2018.03.02健康のレシピ
花粉症対策の栄養
2018.01.30健康のレシピ
減塩と血圧
2018.01.19健康のレシピ
肌荒れ・ひび・あかぎれ・しもやけ対策の栄養②
2018.01.19健康のレシピ
肌荒れ・ひび・あかぎれ・しもやけ対策の栄養①
2018.01.15健康のレシピ
肉や揚げ物は控えた方が良い?
2017.11.22健康のレシピ
卵は食べても大丈夫?
2017.11.22健康のレシピ
冬の水分補給
2017.11.22健康のレシピ
旬の食材 大豆製品(黒豆茶 ほか)
2017.07.28健康のレシピ
旬の食材  いんげん豆(隠元豆)・さやいんげん(莢隠元)
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

栄養士より

スポーツ栄養