たべ新聞

0

健康のレシピ

「〇〇(食品)は体に良い?悪い?」

2018.09.05

「〇〇(食品)は体に良い?悪い?」というご質問を頂く機会が多いです。

答えは「摂り方(食べ方・飲み方)次第で、良くも悪くもなります」です。

 

*体に良いだけ、 という飲食物はほとんどありません*

例えば甘酒は、同量のおかゆよりやや多めの糖質を含みます。

米飯のでんぷん質を糖に分解してあるので速やかにエネルギー源として吸収出来る点が、

「飲む点滴」といわれる由縁です。

ビタミンB群も豊富ですので、夏バテ対策の栄養補給に適しています。

 

けれどもこの糖質、吸収が早いために摂り過ぎると飲んだ直後血糖値が急上昇します。

血液中の糖質(血糖)を丁度良い量に調節したいので、

人の体は余ったエネルギーを安全に備蓄できる成分である、『中性脂肪』に作り換える

ように働きます。この働きが不十分な場合、血糖値の高い状態が続きます(高血糖)。

毎日愛飲しても良いですが、1回に飲む『適量』が肝心です。

 

 

逆の例で塩・油・肉・バター・菓子・糖質などの『悪者扱い』が流行る事があります。

けれども・・・

 

*体に悪いだけ、という食べ物もほとんどありません*

禁止する必要は無く、体に良い作用を発揮させ、悪い作用の発現を抑える『適量』

の範囲で摂れば良いのです。

 

病気の際の食事療法の考え方も、

糖質・脂質・タンパク質・カリウムをはじめとする各種成分は、

『摂ってはいけない』のではなく、

『体の状態にあわせた許容量(適量)で、日々継続して食事をする』ことがキホンです。

          (注:アルコールは飲食物ではなく「薬物」と考え、ここには含みません)

 

例えば豚脂や牛脂、バターといった動物性油脂は、敬遠されがちですが

ビタミンAなどの脂溶性ビタミンを含み、これらの体内への吸収を助けますし、

加熱した際に料理の風味を格段に良くし、食事の満足度をぐんと高めます。

 

美味しく、適量で、毎日の食事を楽しみたいものです。

 

『何をどれだけ食べたらよいか』『どれ位が適量か』は皆同じではありません。

ミキ薬局の管理栄養士にお気軽にご相談下さい。

マンツーマンでじっくり、栄養相談を承ります。


健康のレシピ

2018.09.05健康のレシピ
「〇〇(食品)は体に良い?悪い?」
2018.09.04健康のレシピ
『アッサリ食べてるのに、なぜ?』(中性脂肪値が高い方)
2018.09.03健康のレシピ
食事は1日何回が良い?
2018.08.31健康のレシピ
野菜ジュースは野菜の代わりになる?
2018.06.14健康のレシピ
お酢のお話
2018.03.02健康のレシピ
花粉症対策の栄養
2018.01.30健康のレシピ
減塩と血圧
2018.01.19健康のレシピ
肌荒れ・ひび・あかぎれ・しもやけ対策の栄養②
2018.01.19健康のレシピ
肌荒れ・ひび・あかぎれ・しもやけ対策の栄養①
2018.01.15健康のレシピ
肉や揚げ物は控えた方が良い?
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

栄養士より

スポーツ栄養