たべ新聞

0

食べ物

たんぱく質とプロテイン

2020.03.30

 

こんにちは!ミキ薬局 管理栄養士の森です。

今回は前回に引き続き「たんぱく質とプロテイン」についてお話ししたいと思います!

 

                                                                                        

突然ですが、みなさんはたんぱく質とプロテインの違いはご存知でしょうか?? 

 

実は・・この2つ同じものなのです!               

                                                

たんぱく質は英語で「protein(プロテイン)と表記されます。              

ですが一般的にプロテインといえば

たんぱく質を凝縮し、ビタミンやミネラルを付加した食品あるいはサプリメント製品を指すことが多く

食品に含まれる成分としてのたんぱく質とは別のものといった認識で捉えられることが多いといえます。

 

身体を作る役割のたんぱく質は、どの年代の方にも必要不可欠な栄養素ですが

年々摂取量が低下傾向にある現状です。

 

日本人の食事摂取基準によると

1日のたんぱく質推奨量は成人男性で60g、成人女性で50gとされていますが

スポーツ選手のように活動量の多い方は一般の方よりも多くのたんぱく質を摂取する必要があります。      

                                                                                                                           

まず1番はバランスの良い食事から、必要量のたんぱく質と様々な栄養素を摂取すること。

そして食事で不足している分を補助する目的で、プロテイン製品の利用を検討することをお勧めします。

 

最近では市販されているプロテイン食品も増えてきましたね。

メーカーごとにたくさんの種類があり、利用される方によって目的も様々です。

使用の際は各メーカーで定められている使用方法・容量をきちんと守り目的に合わせた製品選び”

を意識してください。

 

さらにプロテインについての知識や情報も各メーカーのHPに記載されています。

とても勉強になるので興味のある方はぜひ目を通してみてくださいね!

 

スポーツ栄養

2022.10.05化粧品
【皮膚と栄養】266 化粧品の食品成分㊵ パセリ
2022.10.04化粧品
【皮膚と栄養】265 化粧品の食品成分㊴ サクラ(桜)
2022.10.03化粧品
【皮膚と栄養】264 化粧品の食品成分㊳ シラカバ(白樺)
2022.10.01化粧品
【皮膚と栄養】263 化粧品の食品成分㊲ スギナ(ツクシ)
2022.09.30栄養士より
【キャンペーンのお知らせ】今こそ!ロコモ対策
2022.09.30化粧品
【皮膚と栄養】253 化粧品の食品成分㊱ ゴボウ(牛蒡)
2022.09.29化粧品
【皮膚と栄養】252 化粧品の食品成分㉟ オクラ
2022.09.28化粧品
【皮膚と栄養】251 化粧品の食品成分㉞ サンショウ(山椒)
2022.09.27ミキ薬局からのお知らせ
【2022年10月】田端店栄養相談のお知らせ
2022.09.26化粧品
【皮膚と栄養】250 化粧品の食品成分㉝ ブドウ
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養