たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】552 クズ(葛)

2024.03.11

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

私たちのお肌や身体、そしてそのコンディションは、食べたものによって作られます

日頃口にしている食品の特徴や食べ方をご紹介します

今回は、クズ(葛)についてのお話です

 

クズは日本に広く分布し、生活の中でさまざまに利用されてきました

ツル性植物で、巻き付いた植物の上を葉で覆い隠すようにして繁茂します

このツルの繊維は糸の素材となり、葛布(くずふ)が織られます

また、紫色の花は甘い香りで房状に咲き、根はデンプンを蓄えて太く肥大します

葉・花・根はいずれも生薬として用いられ、特に(カッコン:葛根)は、葛根湯をはじめとする多種の漢方薬の主要成分です

クズの根に蓄えられたデンプン(葛粉)は、くず切りや落雁などの和菓子、汁物のとろみ付けなどに用いられます

化粧品成分としては

・クズ花/葉/茎エキス:皮膚コンディショニング

・クズ葉/茎エキス:保水

・クズ根エキス(カッコンエキス):保湿、美白、抗老化、バリア機能修復、紫外線吸収(剤の)補助

などの目的で添加されています 

 

 

化粧品

2024.04.13化粧品
【皮膚と栄養】575 トウモロコシ(玉蜀黍)
2024.04.12化粧品
【皮膚と栄養】574 オクラ
2024.04.11化粧品
【皮膚と栄養】573 エンドウ(豌豆)
2024.04.10化粧品
【皮膚と栄養】572 ヘチマ(糸瓜)
2024.04.09ミキ薬局からのお知らせ
【田端店】減塩商品を各種取り揃えています
2024.04.08化粧品
【皮膚と栄養】571 キュウリ(胡瓜)
2024.04.06化粧品
【皮膚と栄養】570 ジャガイモ
2024.04.05化粧品
【皮膚と栄養】569 ナス(茄子)
2024.04.03化粧品
【皮膚と栄養】568 トマト
2024.04.01化粧品
【皮膚と栄養】567 ハイビスカス(ローゼル)
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養