たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】540 タンポポ(蒲公英)

2024.02.24

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

私たちのお肌や身体、そしてそのコンディションは、食べたものによって作られます

日頃口にしている食品の特徴や食べ方をご紹介します

今回は、タンポポ(蒲公英)についてのお話です

 

国内には日本タンポポや外来種の西洋タンポポ、その交雑種をはじめ60種以上のタンポポが確認されています

花や綿毛が観賞されるほか、根や葉は薬用や食用にも利用されます

前回ご紹介したチコリと同様に、タンポポの根にも水溶性食物繊維のイヌリン(多糖類)が豊富に含まれます

焙煎によるイヌリンやその他の糖類のアミノカルボニル反応(糖とアミノ酸の結合反応)が生じ、コーヒーのような香ばしい風味・芳香成分が生まれます

化粧品成分としては

・セイヨウタンポポ液汁:皮膚コンディショニング

セイヨウタンポポ葉/根エキス:収れん(引き締め)・エイジングケア

を目的として添加されています

 

 

化粧品

2024.04.13化粧品
【皮膚と栄養】575 トウモロコシ(玉蜀黍)
2024.04.12化粧品
【皮膚と栄養】574 オクラ
2024.04.11化粧品
【皮膚と栄養】573 エンドウ(豌豆)
2024.04.10化粧品
【皮膚と栄養】572 ヘチマ(糸瓜)
2024.04.09ミキ薬局からのお知らせ
【田端店】減塩商品を各種取り揃えています
2024.04.08化粧品
【皮膚と栄養】571 キュウリ(胡瓜)
2024.04.06化粧品
【皮膚と栄養】570 ジャガイモ
2024.04.05化粧品
【皮膚と栄養】569 ナス(茄子)
2024.04.03化粧品
【皮膚と栄養】568 トマト
2024.04.01化粧品
【皮膚と栄養】567 ハイビスカス(ローゼル)
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養