たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】543 カボチャ(南瓜)

2024.02.28

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

私たちのお肌や身体、そしてそのコンディションは、食べたものによって作られます

日頃口にしている食品の特徴や食べ方をご紹介します

今回は、カボチャ(南瓜)についてのお話です

 

アメリカ原産のウリ科の野菜で、糖質、カロテン、ビタミンB・C・Eが豊富です

品種が多く寒冷や高温多湿に強い品種があり、日本では冷涼な北海道が一大産地です

貯蔵性に優れ、野菜の乏しい冬に重宝された(冬至のカボチャ料理など)ために冬野菜と思われがちですが、実際には夏が旬の夏野菜です

また、種子は重量の5割強が脂質でたん白質・ビタミンE・食物繊維・マグネシウムも豊富です

種子に豊富な必須アミノ酸のフェニルアラニンは、皮膚においては天然保湿因子としても働きます

種子は煎って殻を割り、緑色の美しいナッツとして賞味するほか、食用油も採取します

化粧品成分としては

・セイヨウカボチャエキス:皮膚コンディショニング

・セイヨウカボチャ種子エキス:保湿、湿潤

を目的として添加されています

 

化粧品

2024.04.13化粧品
【皮膚と栄養】575 トウモロコシ(玉蜀黍)
2024.04.12化粧品
【皮膚と栄養】574 オクラ
2024.04.11化粧品
【皮膚と栄養】573 エンドウ(豌豆)
2024.04.10化粧品
【皮膚と栄養】572 ヘチマ(糸瓜)
2024.04.09ミキ薬局からのお知らせ
【田端店】減塩商品を各種取り揃えています
2024.04.08化粧品
【皮膚と栄養】571 キュウリ(胡瓜)
2024.04.06化粧品
【皮膚と栄養】570 ジャガイモ
2024.04.05化粧品
【皮膚と栄養】569 ナス(茄子)
2024.04.03化粧品
【皮膚と栄養】568 トマト
2024.04.01化粧品
【皮膚と栄養】567 ハイビスカス(ローゼル)
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養