たべ新聞

0

健康のレシピ

最近の注目:低アミロース米

2016.08.22

 

お米を買う際、商品によっては「低アミロース米」という

                                 表示がついているのを見たことがあるでしょうか?

低アミロース米とは品種改良によって生まれた新しいお米です。

 

アミロースとは主にお米に含まれる糖の種類の一つ。

お米の美味しさを決めるのにはアミロースとアミロペクチンという糖が重要になります。
アミロースとアミロペクチンを合わせて「でんぷん」と呼び、

その二つの内訳がご飯の粘りや甘みを決めています。

 

例えば私たちが普段食べているお米(うるち米)は、

アミロースが2割・アミロペクチンが8割含まれています。

アミロペクチンの割合が多い米は甘さを早く感じ、適度な粘りがあるのが特徴です。
日本では「粘りが強いお米」が美味しいとされる傾向があるので、

低アミロース高アミロペクチンのお米が好まれます。

 

ちなみにもち米はアミロペクチンが10割のお米です。
低アミロース米は、組成をもち米に近づける事でおいしさをアップさせています。 

 

また、低アミロース米には保存にも向いています。

 アミロペクチンの多いご飯は、冷めても硬くなりにくいという特徴があります。

冷めてしまっても美味しさが持続するので、お弁当やおにぎりにもおすすめです。

しかし消化吸収の面からみた場合、アミロースが少ない米ほど血糖上昇が速いとされています。
その為、低アミロース米における糖の吸収スピードは普通のお米を食べる場合よりも

速くなってしまいます。やはり甘くて美味しいお米は血糖が上がりやすいようです…。
※お餅とせんべいなど、調理法によっては同じ材料でも血糖上昇速度が違う事もあります。

余談ですが、高アミロース米という商品も広く市場に出回っています。

こちらは血糖上昇速度を緩やかにすることで、低GIを謳うような製品です。

血糖値が気になる方は高アミロース米を試してみるのも良いかも知れませんね。

 

それぞれのお米の特徴を捉えて、上手に利用していきましょう。


健康のレシピ

2018.03.02健康のレシピ
花粉症対策の栄養
2018.01.30健康のレシピ
減塩と血圧
2018.01.19健康のレシピ
肌荒れ・ひび・あかぎれ・しもやけ対策の栄養②
2018.01.19健康のレシピ
肌荒れ・ひび・あかぎれ・しもやけ対策の栄養①
2018.01.15健康のレシピ
肉や揚げ物は控えた方が良い?
2017.11.22健康のレシピ
卵は食べても大丈夫?
2017.11.22健康のレシピ
冬の水分補給
2017.11.22健康のレシピ
旬の食材 大豆製品(黒豆茶 ほか)
2017.07.28健康のレシピ
旬の食材  いんげん豆(隠元豆)・さやいんげん(莢隠元)
2017.07.21健康のレシピ
旬の食材    しらす
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

栄養士より

スポーツ栄養