たべ新聞

0

化粧品

【田端スキンケア】皮膚と栄養㉔ 血糖値と皮膚

2021.08.03

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

最近『低糖質食』がブームです

食事から摂るエネルギー源である3大栄養素糖質脂質たん白質です

糖質の摂り方の量や割合が過剰になると、血糖値を調整するインスリンが分泌され

インスリンの機能により血糖(ブドウ糖)が中性脂肪に作り替えられ易くなります

 

また、インスリンの分泌や働きが、糖質量に追い付かなくなると血糖値が高い状態が続き

全身の健康に悪影響を与えるようになります(高血糖・糖尿病)

血液中の余剰な糖は、身体各所の細胞に結び付き易くなり(糖化

細胞のダメージ・老化といった変化へとつながります 

 

例えば赤血球中の、全身に酸素を運ぶ「ヘモグロビン」が糖化したものは

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)と呼ばれ、この検査値によって

直近1~2か月間の血糖コントロールの良し悪しを判定します

ヘモグロビンの糖化は酸素運搬力低下を招き、皮膚や全身への酸素供給量に影響します

さらに皮膚細胞自体の糖化も、肌のくすみやしわなどの一因になると考えられています

 

糖代謝が正常な方も糖質食品の摂り方によっては、『食後高血糖』を生じ易くなります

このため健康や美容の管理の手段として、低糖質食が注目されるようになりました

低糖質食を『どう行うか?』

その方法が肝心です!!

                            (次回に続く)

たべ新聞

2022.11.28ミキ薬局からのお知らせ
【2022年12月】田端店栄養相談のお知らせ
2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
2022.11.25栄養士より
【キャンペーンのお知らせ】年末年始に備えて
2022.11.25化粧品
【皮膚と栄養】306 皮膚とアミノ酸類⑬ アルブミン(たん白質)
2022.11.24化粧品
【皮膚と栄養】305 皮膚とアミノ酸類⑫ シスチンとシステイン
2022.11.22化粧品
【皮膚と栄養】304 皮膚とアミノ酸類⑪ リジン
2022.11.21化粧品
【皮膚と栄養】303 皮膚とアミノ酸類⑩ グルタミン酸
2022.11.19化粧品
【皮膚と栄養】302 皮膚とアミノ酸類⑨ BCAA
2022.11.18栄養士より
【2022年11月】ミキ薬局各店で栄養相談を行っております
2022.11.18化粧品
【皮膚と栄養】301 皮膚とアミノ酸類⑧ カルシトニン

続きを見る

ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養