たべ新聞

0

化粧品

【田端スキンケア】皮膚と栄養㉕ 低糖質食と皮膚

2021.08.04

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

皮膚と栄養㉔の続き、糖化についてのお話です

細胞の糖化を防ぐことで健康や美容を保つため、『低糖質食』が

注目されるようになりました

                      

食事自体の量を減らしたり、糖質の吸収を妨げるために食物繊維を多く摂る

といった食べ方の情報あふれています。例えば

*夕食の主食(米飯・麺類・パン)を抜く

 かえっておかずで摂取カロリーが増え易い。口寂しさから夜食を摂りがち   

*主食を全てこんにゃく・豆腐・大豆たんぱくに置き換える

    脳のエネルギー源の糖質が不足し、集中力低下やイライラなどを招き易い  

*食物繊維の多い玄米・雑穀・シリアルを利用する

  水分摂取が不足すると便秘の原因に!

 油脂・糖類コーティングや、ドライフルーツ入りのシリアルは高カロリー品も

*スムージーを飲む

 果物を加える量によっては糖質が増えがち

 なお、野菜・果物はいずれも糖質が主となる食品

などなど・・・

それぞれの食事法には必ず一長一短があり、「良い方法」か「悪い方法」かどうかは

実施する方の年齢や性別、体格や食習慣、活動量や生活リズムに合っているかどうか、

また、どれ位の期間実施する予定か、などの条件によって変わってきます

(ぜひミキ薬局栄養相談をご利用下さい!)

 

なおあっさりした食事』(摂取カロリーが少ないイメージ)、例えば

*1品料理(麺類のみ・丼もの)

*パンやシリアルとコーヒーやお茶のみ

*果物やサラダやスナックのみ

といった食事はヘルシーな印象がありますが、実際には糖質割合高くなりがちです

特にそうめん・かけうどん・ざるそばといった麺類は、ほとんどが糖質で

1食分で量的にも米飯2~3杯相当の糖質を摂っていることも!

 

イメージに惑わされず、タンパク質や脂質を含む具材やおかずを組み合わせて摂り、

適切な糖質コントロールによって

皮膚や全身の細胞の糖化を防ぎ、コンディションを良好に保ちましょう

こまめな身体活動や有酸素運動による、

食後の糖質エネルギー消費併せてお薦めします!

たべ新聞

2022.11.28ミキ薬局からのお知らせ
【2022年12月】田端店栄養相談のお知らせ
2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
2022.11.25栄養士より
【キャンペーンのお知らせ】年末年始に備えて
2022.11.25化粧品
【皮膚と栄養】306 皮膚とアミノ酸類⑬ アルブミン(たん白質)
2022.11.24化粧品
【皮膚と栄養】305 皮膚とアミノ酸類⑫ シスチンとシステイン
2022.11.22化粧品
【皮膚と栄養】304 皮膚とアミノ酸類⑪ リジン
2022.11.21化粧品
【皮膚と栄養】303 皮膚とアミノ酸類⑩ グルタミン酸
2022.11.19化粧品
【皮膚と栄養】302 皮膚とアミノ酸類⑨ BCAA
2022.11.18栄養士より
【2022年11月】ミキ薬局各店で栄養相談を行っております
2022.11.18化粧品
【皮膚と栄養】301 皮膚とアミノ酸類⑧ カルシトニン

続きを見る

ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養