たべ新聞

0

化粧品

【田端スキンケア】皮膚と栄養㉙

2021.08.10

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

皮膚の状態には体調・健康状態が影響します

今回は「便秘症」についてです。  お通じは、好調ですか?

 

飲食物のカスや剥がれた粘膜、腸内細菌の死骸などの不要な固形物と

大腸から吸収されなかった水分は、便として排出されます

こうした不要なモノ長く腸に留め置くと、その間にその中から有害なモノが発生し

これらを腸管から吸収してしまうリスクが増します

血液を介しこうした不要・有害な成分が体内を巡ると、特に肌にその影響が生じ易いです

吹き出物・ニキビ・肌荒れなど、心当たりのある方も多いのではないでしょうか?

                 

   ~ 便通を整えるにはこうした工夫をオススメします ~

乳酸菌やビフィズス菌、納豆菌など、

   腸内環境を整える腸内善玉菌を含む食品を摂りましょう

水溶性食物繊維やオリゴ糖など、腸内善玉菌のエサとなるものを積極的に摂り 

 善玉菌の増殖や活動を助けましょう

不溶性食物繊維や十分な水分を摂り、排便時にいきんだ際に

  ・腹圧を十分受けられるカサ(ボリューム)

  ・スルンと出しやすい適度な軟らかさ

 といった便のコンディション作りをしましょう

適度な全身運動は、おなかまわりの腸を覆う筋肉を動かします

 この筋肉の動きは腸に適度な刺激を与え、腸の便を送り出す動きを助けます

 ストレッチやウォーキングなどの運動を、習慣的に行いましょう

起床時に冷水を飲んだり、朝食を習慣的に摂り、腸の動きを促しましょう

 

たべ新聞

2021.10.25化粧品
【皮膚と栄養】76
2021.10.19化粧品
【皮膚と栄養】75
2021.10.18栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑱
2021.10.15栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑰
2021.10.14栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑯
2021.10.12化粧品
【皮膚と栄養】74
2021.10.11栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑮
2021.10.08化粧品
【皮膚と栄養】73
2021.10.04栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑭
2021.10.04たべ新聞
【皮膚と栄養】73以降について

続きを見る

ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養