たべ新聞

0

化粧品

【田端スキンケア】皮膚と栄養㉚

2021.08.11

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

残暑お見舞い申し上げます

暦では立秋を過ぎていますが、まだまだ猛暑は続きます

夏バテ対策には、栄養豊富な納豆、オクラ、長芋などのネバネバ食品や

モロヘイヤやアシタバ、ほうれん草などの緑黄色野菜がオススメです

 

けれども、長芋里芋などを食べた際

手指や口の周りがかゆくなりがちです

何とかならないものでしょうか・・・?

お肌のチクチクしたかゆみは、これらの食品に含まれる

シュウ酸という成分が原因です

針状の結晶が肌に刺さり、刺激となります

ほうれん草コーヒーにも含まれます

 

・・・とは言うものの、ほうれん草やコーヒーは

飲食しても口の中はかゆくなりません

それは、食事をしている際の口の中はPHが酸性に傾いているためです

また、ほうれん草もコーヒーも、口にする前には加熱工程が有ります

(↑インスタントコーヒー製造工程も)

 

シュウ酸は酸や熱に弱いのが特徴です

このため、

・長芋や里芋は皮をむく際や調味に酢を使う

・加熱調理をする

・シュウ酸の多い皮の部分を厚めにむく

・ほうれん草は生食にはシュウ酸の少ない『サラダ用』を利用する

などをお薦めします

 

それでもチクチクかゆくなってしまったら、

冷水で優しく洗ってサッパリしましょう

強くこすったり掻いたりすると

針状の結晶が更に肌に刺激を与えてしまいます

 

よく注意して美味しく食べ、夏バテ対策を万全にしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

たべ新聞

2021.10.25化粧品
【皮膚と栄養】76
2021.10.19化粧品
【皮膚と栄養】75
2021.10.18栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑱
2021.10.15栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑰
2021.10.14栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑯
2021.10.12化粧品
【皮膚と栄養】74
2021.10.11栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑮
2021.10.08化粧品
【皮膚と栄養】73
2021.10.04栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑭
2021.10.04たべ新聞
【皮膚と栄養】73以降について

続きを見る

ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養