たべ新聞

0

化粧品

【田端スキンケア】皮膚と栄養㉟

2021.08.17

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

前回に続き、温度と痛みの感じ方に関するお話です

熱いアイロンやフライパンに触れた時、とっさに耳たぶを触りませんか?

これは体温の低い耳たぶを触ることで、熱や痛みを和らげようとする反応です

・温度覚(熱感を感じる温覚と冷感を感じる冷覚

・痛覚

は、同じ神経経路を通り脳に届いて認識されるため、相互に関連します(温痛覚

 

例えば皮膚の火傷や傷など炎症による痛み

冷却患部の炎症の拡大を抑えるのはもちろんですが

冷感痛覚を緩和・鎮静します

急性の炎症による腰痛も同様に、冷湿布やアイシングによる冷却が有効です

逆に、こうした部位を加温してしまうと血流を促進

炎症を拡大したり脈動によって感覚が刺激されると共に

温感痛覚を増強します

 

血行不良による痛みも、上の例とは反応が異なりますが温痛覚の影響を受けます

例えば、筋肉の緊張による血行不良が原因の腰痛や肩こりや

冷えによる腹痛や手足のしびれ・痛み

・皮膚表面からの温湿布・使い捨てカイロ・入浴

・温かい飲食物の摂取

・消化吸収が早い、高カロリー食品や食後体温産生量の多いたん白質食品

 などの飲食物摂取による熱産生

といった加温温感によって血流を促進し、痛覚を緩和します

 

なお、歯の知覚過敏による痛みの場合は飲食物の温度を常温に近付け

温痛覚への刺激を回避した上で、早めに対策をとりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たべ新聞

2021.10.25化粧品
【皮膚と栄養】76
2021.10.19化粧品
【皮膚と栄養】75
2021.10.18栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑱
2021.10.15栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑰
2021.10.14栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑯
2021.10.12化粧品
【皮膚と栄養】74
2021.10.11栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑮
2021.10.08化粧品
【皮膚と栄養】73
2021.10.04栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑭
2021.10.04たべ新聞
【皮膚と栄養】73以降について

続きを見る

ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養