たべ新聞

0

化粧品

【田端スキンケア】皮膚と栄養㊳

2021.08.20

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

今回はちょっと寄り道です

日本で肌の状態を例える表現あれこれ・・・ 実に多様です

食品や調理道具に関連した表現が多いようです 

 

1.恐怖でうぶ毛が逆立った皮膚は、羽根をむしった「鳥肌」に例えられます

  「鳥肌が立つ」は、恐怖を感じた場合の表現でしたが

  最近は強い感動を覚えた際の例えにも用いられるようです

  実際に、視聴覚の感覚と、感覚により快感を感じる部位をつなぐ神経が太く

  感受性が高い場合、感動により鳥肌を生じる場合があることが分かってきたそうです

 

2.白いブツブツのおろし器

  さめ皮の面ですりおろす「さめ皮おろし」です

  ざらついた皮膚は誇張表現でこの「さめ肌」に例えられます

 

3.すべすべ滑らかでモッチリ弾力のある肌は、つきたてのお餅になぞらえ「もち肌

  女性ばかりでなくあんこ型の力士(相撲取り)の肌の例えにもよく用いられます   

 

4.白くつややかで瑞々しい肌は、むきたての「ゆで卵肌

 

5.つややかでなめらかに見えてもキメ(肌理)がなく

  テカっているように見える肌は、最近ビニール肌」とも例えられているようです

  スキンケアの不足や過剰、新陳代謝の乱れにより角質層が薄くなり

  バリア機能が低下して刺激に敏感になっています

 

角質の新陳代謝(ターンオーバー)、保水性によって

肌のコンディションはさまざまに敏感に変化します

 

 

 

 

 

 

たべ新聞

2021.10.25化粧品
【皮膚と栄養】76
2021.10.19化粧品
【皮膚と栄養】75
2021.10.18栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑱
2021.10.15栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑰
2021.10.14栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑯
2021.10.12化粧品
【皮膚と栄養】74
2021.10.11栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑮
2021.10.08化粧品
【皮膚と栄養】73
2021.10.04栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑭
2021.10.04たべ新聞
【皮膚と栄養】73以降について

続きを見る

ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養