たべ新聞

0

化粧品

【田端スキンケア】皮膚と栄養㊷

2021.08.25

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

引き続きたん白質のお話です

・筋肉の痩せによる足腰の筋力・運動機能の低下予防

肌の新陳代謝サポート

などを目的に、近年たん白質への関心が高まり

プロテイン や たん白質高配合食品(乳飲料等) がかなり普及してきました

材料のたん白質は主に乳や大豆が原料で、体内での利用効率はほぼ100%です

風味も向上し、継続使用し易くなっています

     

けれどもたん白質の過剰摂取は、「燃えカス(代謝産物)」の排出のために

腎機能負担を掛けてしまいます

代謝機能に異常が無ければ多少の負担も許容範囲内ですが

加齢等で腎機能が低下傾向の際は 余計な負担は避け腎機能を保護する必要があります

普段1日3食、毎食主菜(肉・魚・卵・大豆製品等のおかず)を摂っていれば

特別な高強度の運動習慣が無い限り、筋肉をはじめなど

全身のすみずみに必要なたん白質量を確保できます

ちなみに健康な成人1日分のたん白質必要量は、体重1㎏当たり約1gです

体重50kgなら50gですね

かまぼこやチーズなど食品の包装の成分表示を見て、たん白質の多い食品には

それぞれどれ位のたん白質が含まれるのか、調べてみましょう

 実際1日に何g位たん白質を摂っているでしょう? 過不足は有りますか?

その上で、食事以外にたん白質製品利用の必要性の有無を考えてみましょう

 

ミキ薬局では田端店をはじめ、各店で管理栄養士が栄養相談を承っております

たん白質の摂り方や、日頃気になる食事の摂り方について

ぜひお気軽にご相談下さい

 

 

 

 

 

 

 

たべ新聞

2021.10.25化粧品
【皮膚と栄養】76
2021.10.19化粧品
【皮膚と栄養】75
2021.10.18栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑱
2021.10.15栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑰
2021.10.14栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑯
2021.10.12化粧品
【皮膚と栄養】74
2021.10.11栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑮
2021.10.08化粧品
【皮膚と栄養】73
2021.10.04栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑭
2021.10.04たべ新聞
【皮膚と栄養】73以降について

続きを見る

ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養