たべ新聞

0

化粧品

【MikiLuce(ミキルーチェ)】皮膚と栄養 53

2021.09.07

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

食品を肌に直接用いる美容法が時々流行するようです

少し前には『塩もみダイエット』 が流行りました

ひとつかみの食塩でおなかまわりや二の腕など、皮下脂肪の多い場所をもむと

塩粒のマッサージ効果で血行・代謝が促進され

さらに浸透圧(!)によって水と共に老廃物を排出、むくみを解消して

肌もツルツルになるのだそうです

全身を15~20分かけて塩もみし、その後20分位入浴すると

新陳代謝が高まり、発汗量も増すそうです

けれども、浸透圧・・・キュウリの塩揉みとヒトの皮膚はワケが違います !!

 

また、はカドのある結晶体です

塩による摩擦は、肌に微細な傷をたくさん作ってしまいます

皮下脂肪の層にマッサージの刺激が届くより先に

皮膚のバリア機能が損なわれてしまいます

なお、肌がツルツルになる印象は、歯ぐきを引き締める塩入り歯磨き粉と同様に

塩による収れん(引き締め)作用によるものと考えられます

塩もみのかわりに、塩を溶かしたお湯に入浴する方法でも同じ作用は得られます

 

ヒトの粘膜や皮膚はとてもデリケートです

歯磨き粉にも『強い摩擦を避けるように』との記載があります

アンズや桃の種を粉砕したスクラブ入りの洗浄料の場合も同様に

こすり洗いを避けるなどの注意書きがされています

使用上の注意を確認し、肌は優しく、大切にお手入れをしましょう

たべ新聞

2021.09.22たべ新聞
【MikiLuce(ミキルーチェ)】皮膚と栄養 65
2021.09.21たべ新聞
【MikiLuce(ミキルーチェ)】皮膚と栄養 64
2021.09.18たべ新聞
【MikiLuce(ミキルーチェ)】皮膚と栄養 63
2021.09.17たべ新聞
【MikiLuce(ミキルーチェ)】皮膚と栄養 62
2021.09.16栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑬
2021.09.16たべ新聞
【MikiLuce(ミキルーチェ)】皮膚と栄養 61
2021.09.15栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑫
2021.09.15たべ新聞
【MikiLuce(ミキルーチェ)】皮膚と栄養 60
2021.09.14栄養士より
ミキ薬局店舗紹介シリーズ⑪
2021.09.14たべ新聞
【MikiLuce(ミキルーチェ)】皮膚と栄養 59

続きを見る

ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養