たべ新聞

0

化粧品

【MikiLuce(ミキルーチェ)】皮膚と栄養 57 栄養吸収率の調整

2021.09.11

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

肌や身体の健康のため、ビタミン や ミネラル を積極的に摂っている方が多いと思います

栄養士は『摂り過ぎることは無いのか?』との質問を受けることがあります

結論から申し上げると、通常の食品を摂るレベルではビタミン・ミネラルの過剰はまず

起こりません

まず水溶性成分は体内に蓄積できず、お小水や汗や便によって日々排出されます

脂溶性成分は、油脂と一緒に摂ると吸収率が高まり、肝臓をはじめとする脂質のある

全身の組織に蓄えられ、利用されます

脂溶性栄養素の代表はカロテン、ビタミン Aです

ビタミンEは唯一、過剰による副作用が生じないビタミンです

カロテンは体内でビタミンAに変換されてから利用されますが

ビタミンAが体内に充分に備蓄されていると吸収・変換・利用に進みません

また、脂溶性ビタミンはいずれも極端な食べ方(肝臓の多量摂取など)を

しない限り過剰を生じることはまず有りません

                     

例えばこれからミカンの出回る時期となりますが、実際にミカンの食べ過ぎで

皮膚が黄色くなることがあります。これはカロテンの摂取増加によるものです

肝臓のダメージによる黄疸のような、病的なものではなく

黄疸のように白目も黄色くはなりません

この状態には「柑皮症」という名称があります

皮膚の色もいずれ元に戻りますのでご安心下さい

なお、果物の食べ過ぎは糖質・エネルギーの過剰摂取になります。注意しましょう!

ひとつ付け足すと

食品のカルシウムも、体内に十分な量が有ると吸収率が低下するミネラルです

このように、微量栄養素は体内で非常に精妙な仕組みで代謝され、健康に役立っています

 (*鉄やカルシウムは不足になる場合が圧倒的に多いため、コツコツ摂取しましょう)

 

 

 

たべ新聞

2022.11.28ミキ薬局からのお知らせ
【2022年12月】田端店栄養相談のお知らせ
2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
2022.11.25栄養士より
【キャンペーンのお知らせ】年末年始に備えて
2022.11.25化粧品
【皮膚と栄養】306 皮膚とアミノ酸類⑬ アルブミン(たん白質)
2022.11.24化粧品
【皮膚と栄養】305 皮膚とアミノ酸類⑫ シスチンとシステイン
2022.11.22化粧品
【皮膚と栄養】304 皮膚とアミノ酸類⑪ リジン
2022.11.21化粧品
【皮膚と栄養】303 皮膚とアミノ酸類⑩ グルタミン酸
2022.11.19化粧品
【皮膚と栄養】302 皮膚とアミノ酸類⑨ BCAA
2022.11.18栄養士より
【2022年11月】ミキ薬局各店で栄養相談を行っております
2022.11.18化粧品
【皮膚と栄養】301 皮膚とアミノ酸類⑧ カルシトニン

続きを見る

ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養