たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】291 栄養と皮膚炎⑤ 亜鉛不足

2022.11.07

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

栄養素の過不足は、皮膚の炎症を招く場合があります

今回は、亜鉛不足による皮膚炎についての紹介です

亜鉛はたん白質の合成に関わるミネラルです

また、成長ホルモンの分泌にも関わっています

このため、亜鉛が欠乏すると、全身の発育や新陳代謝に影響が生じるのですが

目に見えて変化が認め易いのが、皮膚や爪、髪、粘膜などの末梢組織です

消化器の粘膜が影響を受けると、*栄養の消化吸収や、便通にも(*下痢)支障を生じ易くなります

皮膚においては、口回りや肛門周辺、手足の指先を中心に生じる皮膚炎が特徴的です

また、*傷のなおりが悪くなったり、*貧血の要因にもなります

これらは、間接的に皮膚のコンディションを不調にする誘因となります

 

亜鉛といえば、もっぱら味覚障害を招く点が注目されがちですが

このように全身に関わる重要な働きをする栄養素です

亜鉛は牡蠣や牛肉・豚肉、カツオやサバ、イワシ、ナッツ類などに多く含まれます

日常の食事でこまめに摂りましょう

 

 

 

 

 

化粧品

2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
2022.11.25化粧品
【皮膚と栄養】306 皮膚とアミノ酸類⑬ アルブミン(たん白質)
2022.11.24化粧品
【皮膚と栄養】305 皮膚とアミノ酸類⑫ シスチンとシステイン
2022.11.22化粧品
【皮膚と栄養】304 皮膚とアミノ酸類⑪ リジン
2022.11.21化粧品
【皮膚と栄養】303 皮膚とアミノ酸類⑩ グルタミン酸
2022.11.19化粧品
【皮膚と栄養】302 皮膚とアミノ酸類⑨ BCAA
2022.11.18化粧品
【皮膚と栄養】301 皮膚とアミノ酸類⑧ カルシトニン
2022.11.17化粧品
【皮膚と栄養】300 皮膚とアミノ酸類⑦ アスパラギン酸
2022.11.16化粧品
【皮膚と栄養】299 皮膚とアミノ酸類⑥ アルギニン
2022.11.15化粧品
【皮膚と栄養】298 皮膚とアミノ酸類⑤ シトルリン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養