たべ新聞

0

健康のレシピ

糖の種類とはたらき  ⑥乳糖(ラクトース)

2013.05.14

 乳糖は文字通り、主に哺乳類の乳に含まれる糖です。

 牛乳や乳製品を口にしたときに感じられるほんのりとした甘さで、

これは砂糖の約4割程度の強さです。

 ヒトを含む哺乳類は乳糖分解酵素により乳糖を分解し、エネルギー源

として利用します。

 このため、乳児は腸内にこの酵素を多く持っています。

 やがて乳離れするにつれ、でんぷんなど他の食物成分の消化酵素が増え、

乳糖分解酵素は減ってゆきます。

 

 ヒトの場合、乳製品を多く摂る文化圏では大人になっても多くの人が

この酵素を腸内に持っています。

 反対に、日本人には十分な量の乳糖分解酵素を持たない人が多いです

 個体差はあるものの、日常的な乳製品の利用が普及するまで日本人

多くが『乳糖不耐症』でした

 

 乳糖不耐症では、消化分解されずに大腸に届く乳糖が、浸透圧によって

腸管内に水分を引込むことで軟便や下痢が生じます。

 また、腸内菌が乳糖から乳酸や二酸化炭素を作ることから、腸内が酸性

刺激を受けておなかがゴロゴロしたり、ガスが張って苦しくなったり

します。

 

 近年は食生活の変化により、日本人も乳製品でおなかの不具合を感じる

ケースは減ってきたようです。

 

 許容量には個人差がありますが、乳糖を加工処理したミルクや、

乳酸菌により発酵加工が施された乳製品(ヨーグルトや乳酸飲料、一部の

チーズなど)などは乳糖の量が生乳に比べて少ないため、おなかに優しい

とされています。

 

健康のレシピ

2022.10.29健康のレシピ
【皮膚と栄養】285 ちょっと寄り道 『分子調理』 
2022.09.01健康のレシピ
【キャンペーンのお知らせ】アマニを食べよう!
2022.07.01健康のレシピ
【キャンペーンのお知らせ】おいしくカロリー計算
2022.05.24健康のレシピ
【養命酒製造の黒酢レシピ】黒酢サバ大根
2022.05.06健康のレシピ
【健康のレシピ】ドライプルーン
2022.04.27健康のレシピ
【健康のレシピ】酵素
2022.04.25健康のレシピ
【健康のレシピ】宅配弁当
2022.04.21健康のレシピ
【健康のレシピ】ショウガ(生姜)
2022.04.20健康のレシピ
【健康のレシピ】酢・柑橘果汁
2022.04.18健康のレシピ
【健康のレシピ】低エネルギー甘味料
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養