たべ新聞

0

化粧品

【田端スキンケア】皮膚と栄養⑲ 発熱と皮膚

2021.07.27

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

お肌のコンディションに影響を与える要素はさまざまです

例えば体温が1℃上昇すると、エネルギー代謝が約15%上昇します

このため風邪などで発熱すると、その分エネルギーを消耗します

このため、糖質やたん白質(4キロカロリー/g)、脂質(9キロカロリー/g)

などのエネルギー源を補給する必要が有ります

                      

また、これらをエネルギー利用する際に潤滑油のような働きをする

ビタミンB1(糖質代謝)、ビタミンB2,B6(たん白質・脂質代謝)や

丈夫な肌組織の構成に関わるビタミンC消費量が増えます

ビタミンB1の不足は倦怠感を招きますし、

ビタミンB2,B6やCの消耗は肌荒れ吹き出物ニキビ口内炎唇の荒れなど、

肌や粘膜の不調を招きます

このため、食欲不振・胃腸の不具合も生じ易い発熱時の食事では

これらの栄養を補給できる消化の良いメニューをお薦めします

例:・刻み小ねぎ入り卵粥  ・納豆汁  ・煮魚(白身魚)

  ・茶碗蒸し ・卵豆腐  ・豚薄切肉のしゃぶしゃぶ(ポン酢)       

  ・はんぺんのみぞれ煮(薄味の出汁と大根おろしでさっと煮)

  ・フレンチトースト     ・カスタードプリン

  ・りんごのレモン煮(コンポート)  

なお、発熱時に唇にできる『熱の花』(ぴりぴりする水疱)は口唇ヘルペスです

発熱や疲労などによる体力消耗・免疫力低下時に、体内に潜んでいたウイルスが

活発に活動することで生じたものです

破れた水疱に触れた化粧スポンジ・ブラシやタオルを介して感染する例が有るため

注意しましょう

栄養面のケアは発熱時に準じます

患部に刺激となるため、水疱が治るまでは酸味や香辛料の使用を控えましょう

 

 

 

 

たべ新聞

2022.11.28ミキ薬局からのお知らせ
【2022年12月】田端店栄養相談のお知らせ
2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
2022.11.25栄養士より
【キャンペーンのお知らせ】年末年始に備えて
2022.11.25化粧品
【皮膚と栄養】306 皮膚とアミノ酸類⑬ アルブミン(たん白質)
2022.11.24化粧品
【皮膚と栄養】305 皮膚とアミノ酸類⑫ シスチンとシステイン
2022.11.22化粧品
【皮膚と栄養】304 皮膚とアミノ酸類⑪ リジン
2022.11.21化粧品
【皮膚と栄養】303 皮膚とアミノ酸類⑩ グルタミン酸
2022.11.19化粧品
【皮膚と栄養】302 皮膚とアミノ酸類⑨ BCAA
2022.11.18栄養士より
【2022年11月】ミキ薬局各店で栄養相談を行っております
2022.11.18化粧品
【皮膚と栄養】301 皮膚とアミノ酸類⑧ カルシトニン

続きを見る

ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養