たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】70 アミノ酸と皮膚バリア機能

2021.09.29

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

私たちは薄い皮膚1枚で身体の外内を隔て、外界の刺激から身を守っています

このため、皮膚のバリア機能を損なうことが全身の健康へのダメージに繋がることも

あります

そのような状況を避けるため、人体は外界の刺激から守る働きを備えています

例えば紫外線を防ぐには、日差しが強くなればメラニン色素で皮膚を黒くし

紫外線の皮下への透過を防ぎますし

乾燥対策の手段としては、バリア機能を保つ成分や天然の保湿成分皮膚に備えました

その成分というのが、人体の組織を構成する成分でもある各種アミノ酸です

つまり、皮膚の成分でもあるため、皮膚に優しくなじみが良い成分といえます

このため、これらのアミノ酸を含む各種基礎化粧品が開発され、広く市販されています

 

基礎化粧品や飲食物によって

体内外から皮膚のケアをし皮膚のバリア機能を正常に保つことは

肌の新陳代謝を促し、肌を健やかに整え、ひいては心身の健康を保つことになります

 

 

~ご案内~

ミキ薬局田端店内にはスキンケアコーナー【mikiLuce(ミキルーチェ)】がございます

スキンケアマイスター・コスメマイスター資格を持つ薬剤師と

管理栄養士が常駐しており、スキンケアの提案や商品のご案内を行っております

ぜひお立ち寄りください!

 

 

 

 

たべ新聞

2022.10.05化粧品
【皮膚と栄養】266 化粧品の食品成分㊵ パセリ
2022.10.04化粧品
【皮膚と栄養】265 化粧品の食品成分㊴ サクラ(桜)
2022.10.03化粧品
【皮膚と栄養】264 化粧品の食品成分㊳ シラカバ(白樺)
2022.10.01化粧品
【皮膚と栄養】263 化粧品の食品成分㊲ スギナ(ツクシ)
2022.09.30栄養士より
【キャンペーンのお知らせ】今こそ!ロコモ対策
2022.09.30化粧品
【皮膚と栄養】253 化粧品の食品成分㊱ ゴボウ(牛蒡)
2022.09.29化粧品
【皮膚と栄養】252 化粧品の食品成分㉟ オクラ
2022.09.28化粧品
【皮膚と栄養】251 化粧品の食品成分㉞ サンショウ(山椒)
2022.09.27ミキ薬局からのお知らせ
【2022年10月】田端店栄養相談のお知らせ
2022.09.26化粧品
【皮膚と栄養】250 化粧品の食品成分㉝ ブドウ

続きを見る

ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養