たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】83 ビタミンB7(ビオチン)

2021.12.13

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

今回はビオチンについてのご紹介です

ビオチンは別名ビタミンB7という水溶性ビタミンです

(ビタミンHという呼称も有ります)

熱に弱いため加熱調理によって減少はしますが

各種食品に含まれているため、長期の点滴や腎・肝疾患や特殊な例を除けば

日常において欠乏することはまずありません

 

ビオチンはビタミンCやB2やB6などと体内で相互に関わり合って

糖質や脂質、たん白質の代謝を促進し

主に皮膚や粘膜、髪や爪のコンディションを保つ働きをします

このため各種製品には、他のビタミン類と複合的に配合される例が多いです

 

化粧品には、皮膚のバリア機能を健やかに保つことによる保湿作用を

配合の目的として、スキンケア、ヘアケア、入浴剤など多くの製品に利用されます

 

化粧品の他にも

・処方薬(内服薬・輸液)

・市販薬(美白・肌荒れ対策の錠剤やドリンク剤)

・医薬部外品(シャンプー・コンディショナー・入浴剤・育毛剤)

・保険機能食品(サプリメント類)

等に配合されています

 

普段ご利用になっているお手元の製品の、成分表示を見てみましょう!

 

 

 

 

 

化粧品

2022.12.09化粧品
【皮膚と栄養】316 ちょっと寄り道 (スケトウダラ)
2022.12.08化粧品
【皮膚と栄養】315 皮膚とアミノ酸類㉒ ヒスチジン
2022.12.07化粧品
【皮膚と栄養】314 皮膚とアミノ酸類㉑ フェニルアラニン
2022.12.06化粧品
【皮膚と栄養】313 皮膚とアミノ酸類⑳ アラニン
2022.12.05化粧品
【皮膚と栄養】312 皮膚とアミノ酸類⑲ グリシン
2022.12.03化粧品
【皮膚と栄養】311 皮膚とアミノ酸類⑱ スレオニン
2022.12.01化粧品
【皮膚と栄養】310 皮膚とアミノ酸類⑰  プロリン
2022.11.30化粧品
【皮膚と栄養】309 皮膚とアミノ酸類⑯ メチオニン
2022.11.29化粧品
【皮膚と栄養】308 皮膚とアミノ酸類⑮ セリン
2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養