たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】107 糖質を摂り過ぎると?

2022.02.18

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

今回は『糖質を摂り過ぎるとどうなる?』を考えます 

糖質は1g=4kcal、私達は1日の摂取エネルギー量の5~6割を糖質から摂っています

を摂り過ぎた場合、余った糖質エネルギーは体内で中性脂肪に合成されます

さらに糖質を代謝するビタミンB1が浪費され、疲れ・肌荒れなどを招きます

(アルコールを代謝する際にも消費されます)

また、慢性的に過剰が続くと、血糖値を調整するインスリンの働きが悪くなます

 

また、糖質の形態(分子量や形状)が小さいほど①~③の順に消化・吸収が速くなります

砂糖などの甘味料(少糖類)

イモ、パン・めんなど食(でんぷん粒 多糖類)

米飯やもち麦など穀類の食(多糖類)

さらに

精製度が高い(玄米よりも精白米)

加熱調理ででんぷんの糊化が進んでいる(おこわよりもおかゆ)

                     (アルデンテよりも柔らかく茹でたパスタ)

一緒に口に入る食物繊維・たん白質・脂質の割合が少ない

                (果物よりフルーツジュース)(五目炒飯より白米)

などの要素も糖質の消化・吸収速度を速めます

このように、糖質の摂り方は形態割合がポイントになります

血糖値を調整するインスリンの働きが、糖質の吸収(速度・量)に追い付かないと

食後の血糖値急上昇を招き易くなります

すると皮膚をはじめとする身体各所の細胞に糖が結びつき、糖化し易くなります

 

   ~  次回はちょっと寄り道、栄養士の考える『糖化』についてのお話です  ~

 

化粧品

2022.12.09化粧品
【皮膚と栄養】316 ちょっと寄り道 (スケトウダラ)
2022.12.08化粧品
【皮膚と栄養】315 皮膚とアミノ酸類㉒ ヒスチジン
2022.12.07化粧品
【皮膚と栄養】314 皮膚とアミノ酸類㉑ フェニルアラニン
2022.12.06化粧品
【皮膚と栄養】313 皮膚とアミノ酸類⑳ アラニン
2022.12.05化粧品
【皮膚と栄養】312 皮膚とアミノ酸類⑲ グリシン
2022.12.03化粧品
【皮膚と栄養】311 皮膚とアミノ酸類⑱ スレオニン
2022.12.01化粧品
【皮膚と栄養】310 皮膚とアミノ酸類⑰  プロリン
2022.11.30化粧品
【皮膚と栄養】309 皮膚とアミノ酸類⑯ メチオニン
2022.11.29化粧品
【皮膚と栄養】308 皮膚とアミノ酸類⑮ セリン
2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養