たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】143栄養成分のイメージと実際④ひじき・切干大根

2022.05.11

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

は全身の細胞に酸素を与えて元気にしたり、コラーゲンの生成を促すなど

特に皮膚の健康を保つために注目したい栄養成分です

そして古くから、ひじき切干し大根は鉄分補給に有効な食材とされていました

けれどもこれは、食材そのものに含まれる鉄量ではありません

ひじきを炒る釜や大根を切る刃物の鉄製からステンレス製への変遷に伴い、調理器具から食材に移行する鉄量が激減しました

~ 2015年の食品成分表改訂に伴う鉄分記載量の変化(mg/100g)                           

  干しひじき : 58.2 → 6.2

    切干し大根 :   9.7   →   3.1                

一般家庭の調理器具も、フライパンはテフロン加工品、包丁もステンレスやセラミック製が主流になりつつあり、鉄瓶でお湯を沸かし鉄釜で炊飯をするという家庭も稀です

錆びにくく軽量で手入れが楽な調理器具の普及が、思いがけない形で食材の栄養に影響を与えました

想定の及ばない状況でも余裕をもって美や健康を守れるよう、日頃の食生活の充実を図りたいですね

化粧品

2022.05.27化粧品
【皮膚と栄養】155 栄養成分のイメージと実際⑮ 脂と油
2022.05.26化粧品
【皮膚と栄養】154 ちょっと寄り道  2022年4月1日より~
2022.05.25化粧品
【皮膚と栄養】153 栄養成分のイメージと実際⑭ 加工食品の甘味料
2022.05.24化粧品
【皮膚と栄養】152 栄養成分のイメージと実際⑬ 白砂糖と黒砂糖
2022.05.23化粧品
【皮膚と栄養】151 栄養成分のイメージと実際 ⑫ ジュース・スムージー
2022.05.21化粧品
【皮膚と栄養】150 栄養成分のイメージと実際⑪ 野菜と果物
2022.05.19化粧品
【皮膚と栄養】149 栄養成分のイメージと実際⑩ 主食(穀類)
2022.05.18化粧品
【皮膚と栄養】148 栄養成分のイメージと実際⑨ アルコール飲料
2022.05.17化粧品
【皮膚と栄養】147 栄養成分のイメージと実際⑧ 発酵茶
2022.05.16化粧品
【皮膚と栄養】146 栄養成分のイメージと実際⑦ コーヒー
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養