たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】152 栄養成分のイメージと実際⑬ 白砂糖と黒砂糖

2022.05.24

んにちは  ミキ薬局管理栄養士 畠山です

『黒砂糖は美容に良い栄養が豊富だから、食べた方が良いのよね?』

との質問を受けることがあります

砂糖(蔗糖:ショ糖)は植物由来の天然の甘味料で、サトウキビに限らず、野菜や果物にも含まれます

搾り汁を煮詰め、アクを除いて精製度を上げるにつれて

黒砂糖→三温糖→白砂糖→グラニュー糖→氷砂糖 と変化します

色が白くなり、風味がスッキリしてゆきますが、それに伴い栄養も減少します

 

なお、砂糖の摂り過ぎ血糖・血中脂質・体脂肪・カルシウム排出・ビタミンB1消費量の増大を招きます

このため、砂糖目安摂取量/日( 適量大さじ1杯程度までとされています

                        ~ 砂糖大さじ1杯とほうれん草(ゆで)の栄養比較 ~

       kcal  炭水化物   K        Ca      Mg   V.B1    V.B2   ナイアシン   

白  砂  糖  : 35    8.9      0   0     0     0         0         0          

黒  砂  糖  : 32    8.1     99      22   3     微量    0.01     0.1       

ほうれん草: 56      2.4       294      41      24     0.03     0.07      0.2                 

  (kcal:カロリー K:カリウム Ca:カルシウム Mg:マグネシウム V.B1:ビタミンB1)

  (砂糖大さじ1杯:約9g   ほうれん草のお浸し1食分/小鉢1杯:60g)

いかがでしょう? 砂糖の栄養について、いくつか目に留まる点があると思います

★風味を楽しむために白砂糖の一部を黒砂糖に置き換える

★料理の隠し味に黒砂糖を利用する

といった利用をお勧めします!

なお、1日3回の食事をキチンと摂ることで、表のように他の食材から同じ栄養素を確保することが出来ます

 

全ての食品に、健康にとっての長所や短所があります

無理をせず適量を摂り、食品の短所によるリスクを抑え、長所をフルに活用しましょう!

 

 

 

 

 

化粧品

2022.06.25化粧品
【皮膚と栄養】179 栄養成分のイメージと実際㊳ 脂質中の成分
2022.06.24化粧品
【皮膚と栄養】178 栄養成分のイメージと実際㊲ 脂肪酸の種類
2022.06.23化粧品
【皮膚と栄養】177 栄養成分のイメージと実際㊱ 油脂ー3
2022.06.22化粧品
【皮膚と栄養】176 栄養成分のイメージと実際㉟ 油脂ー2
2022.06.21化粧品
【皮膚と栄養】175 栄養成分のイメージと実際㉞ 油脂ー1
2022.06.20化粧品
【皮膚と栄養】174ちょっと寄り道 食物アレルギーを生じ易い食品
2022.06.18化粧品
【皮膚と栄養】173 栄養成分のイメージと実際㉝ カルノシン 
2022.06.17化粧品
【皮膚と栄養】172 栄養成分のイメージと実際㉜ カリウム
2022.06.16化粧品
【皮膚と栄養】171 栄養成分のイメージと実際㉛ ネバネバ成分
2022.06.15化粧品
【皮膚と栄養】170 栄養成分のイメージと実際㉚ プラセンタ
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養