たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】209 レシチン

2022.08.02

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

レシチンは生物の全ての細胞の生体膜を構成し、リン脂質を主とする成分です

食品には、大豆や卵黄に多く含まれます

リン脂質には、水と油を細かい粒状にし、均一に混ぜ合せる乳化作用があります

例えば卵黄と酢と油をよく混ぜると、滑らかなクリーム状のマヨネーズになります

また、生体内で血液に中性脂肪やコレステロールなどの脂質が溶け込み(乳化し)

全身のすみずみまで運搬されるのも、リン脂質のはたらきによるものです

皮膚では、表皮のレシチンが汗と皮脂を乳化させ、皮膚を保護する皮脂膜をつくります

このため大豆や卵黄のレシチンは、医薬品・サプリメント・加工食品・スキンケア製品等に幅広く使用されます

スキンケア製品においては、化粧品成分を角質の細胞間脂質に浸透させ、角質層の水分量を増やしてバリア機能を保持します

また、他に添加された界面活性剤の刺激性を和らげる働きもあります

こうしたレシチンの使用実績は50年にも及び、その安全性が認められて肌質を選ばす使用されています

                               (参照:化粧品成分オンライン)

化粧品

2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
2022.11.25化粧品
【皮膚と栄養】306 皮膚とアミノ酸類⑬ アルブミン(たん白質)
2022.11.24化粧品
【皮膚と栄養】305 皮膚とアミノ酸類⑫ シスチンとシステイン
2022.11.22化粧品
【皮膚と栄養】304 皮膚とアミノ酸類⑪ リジン
2022.11.21化粧品
【皮膚と栄養】303 皮膚とアミノ酸類⑩ グルタミン酸
2022.11.19化粧品
【皮膚と栄養】302 皮膚とアミノ酸類⑨ BCAA
2022.11.18化粧品
【皮膚と栄養】301 皮膚とアミノ酸類⑧ カルシトニン
2022.11.17化粧品
【皮膚と栄養】300 皮膚とアミノ酸類⑦ アスパラギン酸
2022.11.16化粧品
【皮膚と栄養】299 皮膚とアミノ酸類⑥ アルギニン
2022.11.15化粧品
【皮膚と栄養】298 皮膚とアミノ酸類⑤ シトルリン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養