たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】209 レシチン

2022.08.02

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

レシチンは生物の全ての細胞の生体膜を構成し、リン脂質を主とする成分です

食品には、大豆や卵黄に多く含まれます

リン脂質には、水と油を細かい粒状にし、均一に混ぜ合せる乳化作用があります

例えば卵黄と酢と油をよく混ぜると、滑らかなクリーム状のマヨネーズになります

また、生体内で血液に中性脂肪やコレステロールなどの脂質が溶け込み(乳化し)

全身のすみずみまで運搬されるのも、リン脂質のはたらきによるものです

皮膚では、表皮のレシチンが汗と皮脂を乳化させ、皮膚を保護する皮脂膜をつくります

このため大豆や卵黄のレシチンは、医薬品・サプリメント・加工食品・スキンケア製品等に幅広く使用されます

スキンケア製品においては、化粧品成分を角質の細胞間脂質に浸透させ、角質層の水分量を増やしてバリア機能を保持します

また、他に添加された界面活性剤の刺激性を和らげる働きもあります

こうしたレシチンの使用実績は50年にも及び、その安全性が認められて肌質を選ばす使用されています

                               (参照:化粧品成分オンライン)

化粧品

2022.08.16化粧品
【皮膚と栄養】220 スキンケア品の食品成分④ 桃・杏
2022.08.15化粧品
【皮膚と栄養】219 スキンケア品の食品成分③ ハトムギ
2022.08.13化粧品
【皮膚と栄養】218 スキンケア品の食品成分② オリーブオイル  
2022.08.12化粧品
【皮膚と栄養】217 スキンケア品の食品成分① 卵黄
2022.08.10化粧品
【皮膚と栄養】216 食物アレルギーと皮膚③
2022.08.09化粧品
【皮膚と栄養】215 食物アレルギーと皮膚②
2022.08.08化粧品
【皮膚と栄養】214 食物アレルギーと皮膚①
2022.08.06化粧品
【皮膚と栄養】213 皮膚のバリア機能と食物アレルギー
2022.08.05化粧品
【皮膚と栄養】212 汗とインナーケア②
2022.08.04化粧品
【皮膚と栄養】211 汗とインナーケア①
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養