たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】235 スキンケア品の食品成分⑲ 馬油

2022.09.05

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

スキンケア品の原料は食用と共通するものが多く、数回にわたり幾つかを紹介しています

今回は、前回の油脂に続き、馬油についての紹介です

日本では馬肉を鍋物や刺身、コンビーフの混合材料などの食用にします

馬の脂質は牛脂や豚脂に比べ飽和脂肪酸が少ない組成(飽和脂肪酸:不飽和脂肪酸=1:3)の ため、融点が30~35℃と比較的低めです

口中の温度でサラリと溶け、口当たりが軽く臭みもありません

(参考:牛脂40~50℃、豚脂33~46℃)   

このように体温で容易に融け、皮膚に塗布した際に伸びの良い点が、前回取り上げた   各種植物油に似ています

牛脂は医薬部外品に、豚脂も漢方処方の軟膏にと用いられますが、馬油は肌へのなじみの

良さからもっと広範に、日常のスキンケアに用いられます

化粧品(医薬部外品である薬用化粧品を含む)には、次の用途で添加されます

([ ]は医薬部外品表示名)

●馬油[馬油]:・エモリエント・・・角質を覆い、皮膚の水分の蒸発を防ぐ

        ・基剤(油性基剤)・・・ヒトの脂肪酸組成に近く

                    皮膚への浸透性が高くなじみが良い

                    皮膚保護効果にも優れている

なお、馬油は不飽和脂肪酸が多いため、酸化し易い特徴があります

また、抗酸化ビタミンであるビタミンE(脂溶性)の含有量が少ないため、製品には

ビタミンCやビタミンEが添加されることが多いです                       

*化粧品配合量や通常使用下では、一般に安全性に問題ない成分と考えられています

                                (参考:化粧品成分オンライン)

 

 

 

 

化粧品

2022.10.05化粧品
【皮膚と栄養】266 化粧品の食品成分㊵ パセリ
2022.10.04化粧品
【皮膚と栄養】265 化粧品の食品成分㊴ サクラ(桜)
2022.10.03化粧品
【皮膚と栄養】264 化粧品の食品成分㊳ シラカバ(白樺)
2022.10.01化粧品
【皮膚と栄養】263 化粧品の食品成分㊲ スギナ(ツクシ)
2022.09.30化粧品
【皮膚と栄養】253 化粧品の食品成分㊱ ゴボウ(牛蒡)
2022.09.29化粧品
【皮膚と栄養】252 化粧品の食品成分㉟ オクラ
2022.09.28化粧品
【皮膚と栄養】251 化粧品の食品成分㉞ サンショウ(山椒)
2022.09.26化粧品
【皮膚と栄養】250 化粧品の食品成分㉝ ブドウ
2022.09.24化粧品
【皮膚と栄養】249 化粧品の食品成分㉜ キウイフルーツ
2022.09.22化粧品
【皮膚と栄養】248 化粧品の食品成分㉛ パパイヤ
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養