たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】302 皮膚とアミノ酸類⑨ BCAA

2022.11.19

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です 

食品中のアミノ酸類はスキンケアに深く関連します

今回はBCAAについてのお話です

BCAAという文言はスポーツ飲料やアミノ酸サプリメントのパッケージの記載で見たことがあるかもしれません

必要量の確保のためには経口摂取が必須のバリン、ロイシン、イソロイシンという3種類の必須アミノ酸のことです

これらは筋肉の分解を抑え合成を促すと共に運動時のエネルギー源となるため、積極的な運動習慣を持つ方に利用者が多いようです

また、スキンケアにおいても筋肉量の保持は皮膚のハリの維持にもつながります

そして化粧品には、肌・髪の保湿・コンディショニング成分として添加されま

さらに、3種のアミノ酸の中でも特にバリンは、皮膚のコラーゲン繊維を束ね編目状の構造を保ち、肌の弾力を支える『エラスチン』を構成するアミノ酸のひとつでもあります

ちなみにBCAAは赤身魚肉などに特に多く含まれます

筋肉増量のためのトレーニングを行う際、食事に鶏むね肉やささ身などが多く利用されるのは、トレーニングにより損傷した筋繊維を修復する原料となるためです

*補足

損傷した筋繊維が修復のための原料(アミノ酸)を利用し『超』回復を繰り返すと、徐々に筋肉量が増加します

なお、たん白質は過剰摂取すると、代謝により生じる『燃えカス』の排出作業によって腎臓に負担を与えます

専門家の指示を仰ぐなどの方法で腎機能の低下を防ぎ、安全性を確保した運動・食習慣を保つことが大切です

 

 

 

 

 

 

 

化粧品

2024.03.02化粧品
【皮膚と栄養】545 フキ(蕗)
2024.03.01化粧品
【皮膚と栄養】544 ホースラディッシュ(西洋ワサビ) 
2024.02.29ミキ薬局からのお知らせ
【2024年3月】田端店栄養相談のお知らせ
2024.02.28化粧品
【皮膚と栄養】543 カボチャ(南瓜)
2024.02.27化粧品
【皮膚と栄養】542 芽キャベツ
2024.02.26化粧品
【皮膚と栄養】541 キャベツ
2024.02.24化粧品
【皮膚と栄養】540 タンポポ(蒲公英)
2024.02.22化粧品
【皮膚と栄養】539 チコリ
2024.02.21化粧品
【皮膚と栄養】538 クマザサ(熊笹)
2024.02.20化粧品
【皮膚と栄養】537 クレソン(水田芥子:ミズタガラシ)
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養