たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】308 皮膚とアミノ酸類⑮ セリン

2022.11.29

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です 

食品中のアミノ酸類はスキンケアに深く関連します

今回は各種アミノ酸の一種である、セリンについてのお話です

 

絹たん白質(シルクプロテイン)であるセリシンの構成成分のため、シルクのラテン語名を語源としています

角質層にも存在する、天然保湿因子の一つです

皮膚は保湿によりあらゆる外部刺激に強くなることから、保湿はシミ・そばかす・シワ等の対策の要です

また、セリンは体内で生成されるシステインの原料となります

システインはメラニン色素の過剰な生成を抑える働きがあります

(【皮膚と栄養】305 システイン をご参照下さい)

セリンは乳製品・大豆製品・魚介類・海藻類などに豊富に含まれ、しばしば栄養補助食品にも添加されることもあります

神経系に関しても脳の機能や睡眠の質に働きかける、ヒトにとって重要なアミノ酸です

 

 

 

化粧品

2023.02.04化粧品
【皮膚と栄養】368 カキ(柿)
2023.02.03化粧品
【皮膚と栄養】367 カリン(花梨)
2023.02.02化粧品
【皮膚と栄養】366 ビワ(琵琶)
2023.02.01化粧品
【皮膚と栄養】365 フキ(蕗)
2023.01.31化粧品
【皮膚と栄養】354 ササ(笹)
2023.01.28化粧品
【皮膚と栄養】353 ヨモギ(蓬)
2023.01.27化粧品
【皮膚と栄養】351 ゲットウ(月桃)
2023.01.26化粧品
【皮膚と栄養】350 オレガノ
2023.01.25化粧品
【皮膚と栄養】349 レモンバーム(メリッサ)
2023.01.24化粧品
【皮膚と栄養】348 パプリカ
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養