たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】310 皮膚とアミノ酸類⑰  プロリン

2022.12.01

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です 

食品中のアミノ酸類はスキンケアに深く関連します

今回は各種アミノ酸の一種である、プロリンについてのお話です

プロリンは【皮膚と栄養】302 BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)の回に登場したバリンと共に、『エラスチン』の原料となります

(エラスチン・・・皮膚組織のコラーゲン繊維を束ねて編目状の構造を保ち、肌の弾力を支える成分です)

また、コラーゲンの生成やダメージ修復、表皮細胞の増殖を促すほか、角質層のセラミド生成を促して保湿作用やバリア機能を保つなど、皮膚の健康を支えるアミノ酸といえます

プロリンを豊富に含む食品としては、ゼラチンや大豆製品、レバーやカツオ、肉類などが挙げられます 

なお、プロリンからコラーゲンを生成する際はビタミンCを必要とします

ビタミンCが豊富な野菜・果物・芋類も料理や献立に組み込み、一緒に摂ることをお勧めします

化粧品

2023.02.04化粧品
【皮膚と栄養】368 カキ(柿)
2023.02.03化粧品
【皮膚と栄養】367 カリン(花梨)
2023.02.02化粧品
【皮膚と栄養】366 ビワ(琵琶)
2023.02.01化粧品
【皮膚と栄養】365 フキ(蕗)
2023.01.31化粧品
【皮膚と栄養】354 ササ(笹)
2023.01.28化粧品
【皮膚と栄養】353 ヨモギ(蓬)
2023.01.27化粧品
【皮膚と栄養】351 ゲットウ(月桃)
2023.01.26化粧品
【皮膚と栄養】350 オレガノ
2023.01.25化粧品
【皮膚と栄養】349 レモンバーム(メリッサ)
2023.01.24化粧品
【皮膚と栄養】348 パプリカ
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養