たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】315 皮膚とアミノ酸類㉒ ヒスチジン

2022.12.08

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です 

食品中のアミノ酸類はスキンケアに深く関連します

今回は各種アミノ酸の一種である、ヒスチジンについてのお話です

ヒスチジンは体内では生成できず食品からの摂取が必要な必須アミノ酸であり、角質層の天然保湿因子の一つです

スキンケアにおいては角質層の保湿、そしてヘアケアではヒスチジンが流出してダメージを生じた毛髪の修復を目的として化粧品や医薬部外品に添加されます

 

ヒスチジンはカツオ・マグロ・ブリ・サバ・イワシ等の青魚や豆類に豊富です

なお、魚が死ぬと魚肉中の酵素の働きによりヒスチジンからヒスタミンが合成されます

ヒスタミンはじんましんなどのアレルギー症状や炎症反応を生じる成分です

昔から『青魚はあしが早い(傷み易い)』といわれるのは、ヒスタミンによる食中毒への注意喚起です

鮮度の高いうちに美味しく食べ、皮膚や毛髪、身体の栄養源として存分に活用しましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

化粧品

2023.02.04化粧品
【皮膚と栄養】368 カキ(柿)
2023.02.03化粧品
【皮膚と栄養】367 カリン(花梨)
2023.02.02化粧品
【皮膚と栄養】366 ビワ(琵琶)
2023.02.01化粧品
【皮膚と栄養】365 フキ(蕗)
2023.01.31化粧品
【皮膚と栄養】354 ササ(笹)
2023.01.28化粧品
【皮膚と栄養】353 ヨモギ(蓬)
2023.01.27化粧品
【皮膚と栄養】351 ゲットウ(月桃)
2023.01.26化粧品
【皮膚と栄養】350 オレガノ
2023.01.25化粧品
【皮膚と栄養】349 レモンバーム(メリッサ)
2023.01.24化粧品
【皮膚と栄養】348 パプリカ
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養