たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】401 穀類

2023.03.23

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です 

私たちのお肌や身体、そしてそのコンディションは、食べたものによって作られます

日頃口にしている食品の特徴や食べ方をご紹介します

今回は、穀類全般についてのお話です

 

穀類はでん粉を主要なエネルギー源とする種子で、世界ではトウモロコシ・小麦・米が生産量の多い三大穀類です

日本国内では一般に、トウモロコシは完熟したものが穀類、未熟なスイートコーンは野菜に分類されます

 なお、農水省・総務省・厚労省などの省庁や調査内容による分類方法によって、穀物か野菜かの分類が

 変わる場合もあります)

また日本では、主食の米や、米を補う麦・粟・豆類に分類される大豆と小豆も含めて五穀(主要な5種の穀類)として扱います (米・麦・粟・稗・豆を五穀とする場合もあります)

和食の献立は『飯』を主食として主菜や副菜を添えた組合せで、3食の主食(穀類)の糖質によって1日分の摂取エネルギーの半分近くを確保します

しかし最近では、低糖質食の流行に伴い穀類の摂取を控える風潮もあります

穀類は

エネルギー代謝を促すビタミンB群

糖や脂質の吸収を緩やかにしたり便通を整える食物繊維

皮膚や筋肉などの身体組織の新陳代謝の原料となるたん白質

を含むため、治療等で必要な場合を除き、むやみに摂取を減らす事は避けたいものです

 

 

 

 

化粧品

2024.06.24化粧品
【皮膚と栄養】625 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㊱ 1,3‐ブチレングリコール
2024.06.23化粧品
【皮膚と栄養】624 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉟ ペンタステアリン酸デカグリセリル
2024.06.21化粧品
【皮膚と栄養】623 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉞ べへニルアルコール
2024.06.20化粧品
【皮膚と栄養】622 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉝ ジイソステアリン酸ポリグリセリル
2024.06.19化粧品
【皮膚と栄養】621 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉜ グリセリン脂肪酸エステル
2024.06.18化粧品
【皮膚と栄養】620 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉛ ステアロイル乳酸Na
2024.06.17化粧品
【皮膚と栄養】619 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉚ 精製水
2024.06.15化粧品
【皮膚と栄養】618 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉙  濃グリセリン
2024.06.14化粧品
【皮膚と栄養】617 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉘ プロパンジオール
2024.06.13化粧品
【皮膚と栄養】616 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉗ 結晶セルロース
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養