たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】523 ゴボウ(牛蒡)

2024.02.01

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

私たちのお肌や身体、そしてそのコンディションは、食べたものによって作られます

日頃口にしている食品の特徴や食べ方をご紹介します

今回は、ゴボウ(牛蒡)についてのお話です

 

ゴボウは世界では若葉を生食、根は薬用(漢方や薬用ハーブ)に利用する場合があります

中国で食用に改良されたものの、現在根を食用とするのは日本と朝鮮半島に限られます 

なお国内流通の主流は、東京都北区滝野川付近で江戸時代に品種改良され栽培が始まった「滝野川ごぼう」の系統です                       

食物繊維が豊富で、香ばしい風味と食感が特徴です

用途はきんぴら・煮物・肉巻き・ポタージュスープ・ごぼう茶などがあります

ミネラルや食物繊維(不溶性食物繊維・イヌリン等の水溶性食物繊維)、また抗酸化成分であるポリフェノールのクロロゲン酸も豊富です

クロロゲン酸は空気に触れると酸化し黒くなる水溶性色素のため、アクとして水にさらし

取り除くのが一般的でしたが、抗酸化作用が機能性成分としてにわかに注目されています

ゴボウ茶はこのポリフェノールを積極的に摂ることを目的としたお茶です

カフェインゼロですが、クロロゲン酸の多量摂取は胃腸の負担を招くため、適量の摂取にとどめましょう 

化粧品成分としては、ゴボウ根エキスが、保湿・血行促進・育毛の目的で添加されます

化粧品

2024.02.24化粧品
【皮膚と栄養】540 タンポポ(蒲公英)
2024.02.22化粧品
【皮膚と栄養】539 チコリ
2024.02.21化粧品
【皮膚と栄養】538 クマザサ(熊笹)
2024.02.20化粧品
【皮膚と栄養】537 クレソン(水田芥子:ミズタガラシ)
2024.02.17化粧品
【皮膚と栄養】536 クサソテツ(コゴミ)
2024.02.16化粧品
【皮膚と栄養】535 食用ウチワサボテン(茎・実)
2024.02.15化粧品
【皮膚と栄養】534 タケノコ(筍)
2024.02.15ミキ薬局からのお知らせ
【2024年2月】田端店栄養相談日のお知らせ
2024.02.14化粧品
【皮膚と栄養】533 コールラビ
2024.02.13化粧品
【皮膚と栄養】532 アスパラガス
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養