たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】559 サクラ(桜)

2024.03.19

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

私たちのお肌や身体、そしてそのコンディションは、食べたものによって作られます

日頃口にしている食品の特徴や食べ方をご紹介します

今回は、サクラ(桜)についてのお話です

サクラはバラ科の花木で多くの種類があり、古くから観賞用以外にも暮らしに寄り添ってきた植物です

木材は建材のほか、食品を燻製するスモークチップに利用されます

また、山桜は樹皮を磨くと飴色のツヤが生じ、樺細工の素材に用いられます

他にも樹皮を煮出して布を染めると透明感のある桜色となるほか、咳止め・痰切りの生薬としても利用されます

以前は咳止めシロップの成分としても利用されていました

塩漬けにした花・葉は食用に、桜湯や桜餅の材料となります

葉は塩蔵すると酵素反応でクマリンという成分を生じ、桜餅の特有の甘い香りとなります

桜桃(サクランボ)はブランデーやリキュール(キルッシュワッサー)、シロップ漬けやジャムの原料として利用されます

化粧品成分としては

・ソメイヨシノ葉エキス:抗アレルギー・ヘアコンディション

桜の花エキス:抗糖化・美白・抗炎症

・サクランボエキス:保湿・抗炎症・アンチエイジング

*酸実実桜[スミ(ノ)ミザクラ]エキス:酸化防止

 などを目的として添加されています

(*酸実実桜は酸味の強い品種)

化粧品

2024.04.13化粧品
【皮膚と栄養】575 トウモロコシ(玉蜀黍)
2024.04.12化粧品
【皮膚と栄養】574 オクラ
2024.04.11化粧品
【皮膚と栄養】573 エンドウ(豌豆)
2024.04.10化粧品
【皮膚と栄養】572 ヘチマ(糸瓜)
2024.04.09ミキ薬局からのお知らせ
【田端店】減塩商品を各種取り揃えています
2024.04.08化粧品
【皮膚と栄養】571 キュウリ(胡瓜)
2024.04.06化粧品
【皮膚と栄養】570 ジャガイモ
2024.04.05化粧品
【皮膚と栄養】569 ナス(茄子)
2024.04.03化粧品
【皮膚と栄養】568 トマト
2024.04.01化粧品
【皮膚と栄養】567 ハイビスカス(ローゼル)
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養