たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】564 アーティチョーク

2024.03.27

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

私たちのお肌や身体、そしてそのコンディションは、食べたものによって作られます

日頃口にしている食品の特徴や食べ方をご紹介します

今回は、アーティチョークについてのお話です

 

アーティチョークは、春が旬の花野菜です背丈は1m以上に成長し、開花前の萼(がく)と花托(果物であれば果肉となる部分)を野菜として食用にします

日本では栽培に適した地域が少ないため、国産品は少なく、店頭で見かけるものの多くは輸入品です

茹でてサラダなどの前菜に供されたものを歯でしごいて食べると、茹でたブロッコリーの芯に似た甘味と食感があります

また、ハーブティーとしても利用されています

栄養面では糖質(でんぷん)や水溶性食物繊維のイヌリンが多いのが特徴です

化粧品成分としてはアーティチョークエキスが、抗アレルギー・美白・抗老化を目的として添加されています

化粧品

2024.04.13化粧品
【皮膚と栄養】575 トウモロコシ(玉蜀黍)
2024.04.12化粧品
【皮膚と栄養】574 オクラ
2024.04.11化粧品
【皮膚と栄養】573 エンドウ(豌豆)
2024.04.10化粧品
【皮膚と栄養】572 ヘチマ(糸瓜)
2024.04.09ミキ薬局からのお知らせ
【田端店】減塩商品を各種取り揃えています
2024.04.08化粧品
【皮膚と栄養】571 キュウリ(胡瓜)
2024.04.06化粧品
【皮膚と栄養】570 ジャガイモ
2024.04.05化粧品
【皮膚と栄養】569 ナス(茄子)
2024.04.03化粧品
【皮膚と栄養】568 トマト
2024.04.01化粧品
【皮膚と栄養】567 ハイビスカス(ローゼル)
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養