たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】567 ハイビスカス(ローゼル)

2024.04.01

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

私たちのお肌や身体、そしてそのコンディションは、食べたものによって作られます

日頃口にしている食品の特徴や食べ方をご紹介します

今回は、ハイビスカスについてのお話です

 

ハイビスカスは品種がとても多く、その一部が食用になります

ローゼルがその一例で、蕾(萼と苞)を食用とすることができます

開花直前、萼と苞は肥大し、赤い色素が集まります

これを乾燥させ、熱湯を差すと美しいルビー色のハーブティーになります

ビタミンCやクエン酸が豊富なため、これらの酸による爽やかな酸味が特徴です

また、水溶性食物繊維であるペクチンも含まれます

ペクチンは酸と糖と熱を加えることで安定したゼリー状になる性質があります

蕾には酸とペクチンが含まれるため、糖を加えて加熱すると、とろみのあるジャムを作ることが出来ます

なお、蕾は生食に、葉は野菜としても利用することが出来ます

化粧品成分としてはハイビスカス花エキスが、

抗アレルギー・紫外線吸収(による紫外線防御)の目的で添加されています

化粧品

2024.04.13化粧品
【皮膚と栄養】575 トウモロコシ(玉蜀黍)
2024.04.12化粧品
【皮膚と栄養】574 オクラ
2024.04.11化粧品
【皮膚と栄養】573 エンドウ(豌豆)
2024.04.10化粧品
【皮膚と栄養】572 ヘチマ(糸瓜)
2024.04.09ミキ薬局からのお知らせ
【田端店】減塩商品を各種取り揃えています
2024.04.08化粧品
【皮膚と栄養】571 キュウリ(胡瓜)
2024.04.06化粧品
【皮膚と栄養】570 ジャガイモ
2024.04.05化粧品
【皮膚と栄養】569 ナス(茄子)
2024.04.03化粧品
【皮膚と栄養】568 トマト
2024.04.01化粧品
【皮膚と栄養】567 ハイビスカス(ローゼル)
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養