たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】618 Mikiluce薬用保湿ミルクについて㉙  濃グリセリン

2024.06.15

ミキ薬局のオリジナル製品『Mikiluce薬用保湿ミルク』(医薬部外品)をご存じですか? 

お顔や全身のお肌に潤いを与えると共に、自らの潤いを保持できる健やかな肌を育みます 

今回はその成分のひとつである濃グリセリン(化粧品表示名:グリセリン、医薬部外品表示名:グリセリン、濃グリセリン)についてご紹介します

アルコールの一種で、重量の95%をグリセリンが占めるものを濃グリセリンといいます

自然界では脂肪酸と結びついたグリセリドの形で、生体組織の脂質として存在します

例えば生体の脂質の9割を占めるトリグリセリド(中性脂肪)は、グリセリンに脂肪酸分子が3個結びついたものです

食品加工の際には、防腐、乾燥防止、基材、軟化、冷凍時の結晶化防止などの用途で添加されます

また、少量でも強い甘味が得られるため、製品の甘味付けに用いてカロリーダウンを図ることが出来ます

医薬品には浣腸薬の主成分(濃度50%グリセリン液)としてのほか、製品の成分安定化・可溶化・基剤・矯味(甘味)・結合・コーティング・湿潤・防腐、溶解補助等々の用途があり、経口・注射・吸入‣外用剤などの添加剤として用いられています

化粧品成分としては、製品の溶剤や保水、皮膚の保湿や温感を目的として利用されます

グリセリンによる温感は、皮膚に塗布した際に水分と混ざり発熱することによるものです

使用中のみ温感が得られ、主にマッサージ料やクレンジング剤などに添加されます

 

 

 

 

 

化粧品

2024.07.24化粧品
【皮膚と栄養】645 食品由来の化粧品成分⑯ 甜茶エキス
2024.07.23化粧品
【皮膚と栄養】644 食品由来の化粧品成分⑮ 柿タンニン
2024.07.22化粧品
【皮膚と栄養】643 食品由来の化粧品成分⑭ 茶カテキン 
2024.07.20化粧品
【皮膚と栄養】642 食品由来の化粧品成分⑬ テアニン 
2024.07.19化粧品
【皮膚と栄養】641 食品由来の化粧品成分⑫ リコピン 
2024.07.18化粧品
【皮膚と栄養】640 食品由来の化粧品成分⑪ 炭酸カルシウム
2024.07.17化粧品
【皮膚と栄養】639 食品由来の化粧品成分⑩ 炭
2024.07.16化粧品
【皮膚と栄養】638 食品由来の化粧品成分⑨ 海塩(塩化ナトリウム)
2024.07.13化粧品
【皮膚と栄養】637 食品由来の化粧品成分⑧ レシチン
2024.07.12化粧品
【皮膚と栄養】636 食品由来の化粧品成分⑦ コメヌカ(米糠)エキス
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養