たべ新聞

0

健康のレシピ

糖の種類とはたらき  ④ブドウ糖(グルコース) 

2013.03.18

 ブドウ糖(グルコース)は血液により血糖として全身に届けられ、

エネルギー源になります。

 特に、脳や赤血球が利用できるエネルギー源は通常ブドウ糖に限ら

れているため、生きる上で不可欠な栄養素です。

 

 ご飯や果物、菓子・砂糖などから摂った糖質は、果糖やブドウ糖など

低分子の糖に分解されて肝臓に届けられます。

 ブドウ糖は肝臓でグリコーゲンという貯蔵型の糖に作り替えられ、肝臓

筋肉中に蓄えられます。

 糖のままで蓄えることが出来るエネルギーは一時的な備蓄用で、分量は

限られています。

 これを越える分は中性脂肪やアミノ酸に作り替えられますが、グリコー

ゲンと中性脂肪、アミノ酸では、グリコーゲンが最も速やかに無駄なく

代謝・利用されます。

 

 夕食で摂ったブドウ糖は睡眠中にも消費され、朝には使い切ってしまい

す。特に、脳が必要とする糖エネルギーは、朝食を抜くと昼食時まで

枯渇状態になるため、脳が司る全身の活動にも大きな支障を与えることに

なります。

 朝食が重要視されるのはこのためです。

 

 なお、食後に血糖値が上昇すると膵臓からインスリンが分泌されます。

 インスリンは血液中の糖の行き場の采配役で、全身すみずみの組織での

糖の利用を促し、余った血糖は中性脂肪への作り替えを促し、血液中の

糖の量を適正に維持します。

健康のレシピ

2018.10.01健康のレシピ
コレステロールが高い方が長生きって、ホント?
2018.09.05健康のレシピ
「〇〇(食品)は体に良い?悪い?」
2018.09.04健康のレシピ
『アッサリ食べてるのに、なぜ?』(中性脂肪値が高い方)
2018.09.03健康のレシピ
食事は1日何回が良い?
2018.08.31健康のレシピ
野菜ジュースは野菜の代わりになる?
2018.06.14健康のレシピ
お酢のお話
2018.03.02健康のレシピ
花粉症対策の栄養
2018.01.30健康のレシピ
減塩と血圧
2018.01.19健康のレシピ
肌荒れ・ひび・あかぎれ・しもやけ対策の栄養②
2018.01.19健康のレシピ
肌荒れ・ひび・あかぎれ・しもやけ対策の栄養①
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

栄養士より

スポーツ栄養