たべ新聞

0

健康のレシピ

コレステロール①

2016.07.12

コレステロールは約200年前に発見された脂質の一種で、

動物の体内で重要な働きをします

(サラダ油など、植物性食品にはコレステロールは含まれません)

 

動脈硬化を起こすなど、悪いイメージが強いですが、

生体には不可欠な成分のため、食物から摂取する他、

体内でも合成して必要量を確保しています。

 

人体には100150gのコレステロールが存在しています。

その働きは、

・細胞膜を構成する

・各種ホルモンの原料になる

・脳の神経情報の正常な伝達を助ける(体内の4分の1量が脳に存在)

・脂質の消化を促す胆汁酸の原料になる

などがあります

 

前述のように生体に重要な成分のため、一度腸内に分泌された

胆汁酸に含まれるコレステロールも、腸管から再吸収されています。

 

さて、それでは血中コレステロールが高い場合、どのようにしたら良いのでしょう?

次回「コレステロール②」で、ご案内します。

                

健康のレシピ

2016.12.15健康のレシピ
ダイエット・・・短時間の運動では効果が無い?
2016.12.13健康のレシピ
ダイエット・・・何を、どう減らす?
2016.12.12健康のレシピ
ココナツオイルとは?
2016.08.22健康のレシピ
最近の注目:低アミロース米
2016.07.12健康のレシピ
コレステロール④
2016.07.12健康のレシピ
コレステロール③
2016.07.12健康のレシピ
コレステロール②
2016.07.12健康のレシピ
コレステロール①
2016.01.18健康のレシピ
最近の注目:デトックスウォーター
2015.12.11健康のレシピ
人は食べたもので出来ています!
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

栄養士より

スポーツ栄養