減塩と血圧 – たべ新聞

たべ新聞

0

健康のレシピ

減塩と血圧

2018.01.30

まもなく立春を迎えますが、

今年はまだまだ寒さ真っ盛りです。

 

この時期は特に血圧が気になる

という方が多いのではないでしょうか?

 

『高血圧症』になると、

多くの場合、医師は食事について1日6gの減塩を指示します。

ちなみに、日本人の1日平均塩分摂取量は11gです。

 

           

ところで・・・

高血圧だとなぜ減塩?

高血圧と診断されるまで、減塩は必要無い?

 

いえいえ、減塩は老若男女、健康状態にかかわらず、

全ての方の、現在から将来までの健康を守る手段です。

 

それでは、

なぜ減塩をした方が良い?

幾つか理由はありますが、ここでは主な3つを紹介します

 

①食塩(塩化ナトリウム)を多く摂ると、

 血液の中のナトリウムが濃くなります。

 血液は本来の濃さに戻ろうと、水を引き寄せ、薄まります。

 すると、血液が引き寄せた水によって増えます。

 増えた血液を全身に送るため、心臓はポンプの圧を増します。

 体中の血管も、送られてくる血液の圧を多く受けます。

 血液量が増えることで血圧が増します。

 減塩は、心臓が送り出す血液量の増加を防ぎます。

 

②ナトリウムの濃い血液に長くさらされると、血管はやがて、

 硬くもろくなります。

 硬い血管は、しなやかに収縮して血液を通すことが出来ないため、

 その分心臓は、血液をより強い圧力で送り出します。

 血管も、心臓も、取り替えて休ませることが出来ません。

 このため、次第にダメージを受けやすくなります。

 減塩は、血管や心臓の加齢にともなうダメージを緩やかに抑えます。

 

 

③塩味の濃いものを食べると、食欲が増します。

 食べ過ぎによって体重が増すと、血液を全身に送るためには

 より強い圧力が必要となります。

 減塩は、食事量(摂取エネルギー量)を適切に調整する助けになります。

 

 

   ~ ご自身やご家族の健康を守るため、減塩を始めませんか? ~


 


 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康のレシピ

2018.06.14健康のレシピ
お酢のお話
2018.03.02健康のレシピ
花粉症対策の栄養
2018.01.30健康のレシピ
減塩と血圧
2018.01.19健康のレシピ
肌荒れ・ひび・あかぎれ・しもやけ対策の栄養②
2018.01.19健康のレシピ
肌荒れ・ひび・あかぎれ・しもやけ対策の栄養①
2018.01.15健康のレシピ
肉や揚げ物は控えた方が良い?
2017.11.22健康のレシピ
卵は食べても大丈夫?
2017.11.22健康のレシピ
冬の水分補給
2017.11.22健康のレシピ
旬の食材 大豆製品(黒豆茶 ほか)
2017.07.28健康のレシピ
旬の食材  いんげん豆(隠元豆)・さやいんげん(莢隠元)
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

栄養士より

スポーツ栄養