たべ新聞

0

化粧品

【田端スキンケア】皮膚と栄養⑪ ピーリング

2021.07.15

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

テレビコマーシャルなどで、肌のPH(酸度)は弱酸性と広く認識されるようになりました

スキンケアにおいてPHは、ピーリング成分で特に注目されます

皮膚表面の不要になった角質が長く留まると、くすみや毛穴詰まりの一因となります

摩擦や強いアルカリ性成分による無理なピールオフ(剥離)は、肌には大きな負担です

このため肌への負担がより少ないピーリング成分が利用されます

その一例が、クエン酸やリンゴ酸、ビタミンC(アスコルビン酸)など(

食品にも含まれる『酸』です

クエン酸 : 枸櫞(くえん=シトロン)という柑橘類に豊富な酸として命名されましたが

       レモンなどの柑橘類や梅など、果実全般の酸味成分です

リンゴ酸 : リンゴに豊富な酸です

ビタミンC : 野菜や果物に豊富な栄養素としても知られています

                    

ちなみに、昔の人が編み出した美顔術であるウグイスの糞も、ピーリング剤です(**

鳥は空を飛ぶため、胃腸に長く内容物を留めない体の構造をしています

このため、強い酸性の消化液により短時間で食物を消化し、吸収・排泄するため

フンは酸性を帯びます(***

 

  *製品には発酵法など、工業的に生成されたものが使用されます

 **フンに含まれる酵素や、保水作用のある尿素なども、複合的に作用していたようです

***車体に落ちたフンを早く洗い流さないと塗装が傷むのもこのためです

   なお餌の種類によってはアルカリ性に傾く場合もあります

   

   

たべ新聞

2022.11.28ミキ薬局からのお知らせ
【2022年12月】田端店栄養相談のお知らせ
2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
2022.11.25栄養士より
【キャンペーンのお知らせ】年末年始に備えて
2022.11.25化粧品
【皮膚と栄養】306 皮膚とアミノ酸類⑬ アルブミン(たん白質)
2022.11.24化粧品
【皮膚と栄養】305 皮膚とアミノ酸類⑫ シスチンとシステイン
2022.11.22化粧品
【皮膚と栄養】304 皮膚とアミノ酸類⑪ リジン
2022.11.21化粧品
【皮膚と栄養】303 皮膚とアミノ酸類⑩ グルタミン酸
2022.11.19化粧品
【皮膚と栄養】302 皮膚とアミノ酸類⑨ BCAA
2022.11.18栄養士より
【2022年11月】ミキ薬局各店で栄養相談を行っております
2022.11.18化粧品
【皮膚と栄養】301 皮膚とアミノ酸類⑧ カルシトニン

続きを見る

ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養