たべ新聞

0

化粧品

【MikiLuce(ミキルーチェ)】皮膚と栄養 66 セルライト

2021.09.24

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

 

コラーゲンについてご紹介です

細胞同士の結びつきを丈夫にし、皮膚歯茎のハリを保ち

の組織を粘り強くするなど、全身の組織に分布し活躍している成分です

お肌のハリを保つ成分として広く知られ

食材では軟骨や骨髄、ホルモン(腸)、鶏や魚の皮などに豊富です

特に皮膚組織の構造を丈夫につくる点で、保水量に対しても期待されます

なお伸縮性に関しては、伸展の限度に達すると

妊娠線肉割れなどを生ずる場合が有ります

 

また、皮下組織の脂肪細胞が肥大した場合

・脂肪細胞を囲むコラーゲン繊維と構造が過密化し

・毛細血管の血行に影響し老廃物や水分、栄養の出入りが滞り

・これ状況の下で皮下組織で生成されるコラーゲン組織が構造に影響を受け

 かたく太くなってしまいます

これらの影響によって、皮膚表面の外観がデコボコした状態になるのが

『セルライト』です

ももの裏や臀部、二の腕などに出来やすいようです

対策としては

運動や入浴、血流促進を促す栄養を摂ることで血行を良くすること

皮下組織の脂肪細胞が肥大したままにならないよう

 食事と運動によるエネルギー収支のバランスを整えること

が有効です

また皮膚のマッサージも、血流や、リンパ液の流れによって水分や老廃物の

滞留解消の助けになると考えられます

 

体内で生成、構築されるコラーゲン組織の変化のため

予防が最大の対策となるようです 

 

 

たべ新聞

2022.08.16化粧品
【皮膚と栄養】220 スキンケア品の食品成分④ 桃・杏
2022.08.15化粧品
【皮膚と栄養】219 スキンケア品の食品成分③ ハトムギ
2022.08.13化粧品
【皮膚と栄養】218 スキンケア品の食品成分② オリーブオイル  
2022.08.12栄養士より
【商品紹介】大塚製薬株式会社 ボディメンテドリンク
2022.08.12化粧品
【皮膚と栄養】217 スキンケア品の食品成分① 卵黄
2022.08.10化粧品
【皮膚と栄養】216 食物アレルギーと皮膚③
2022.08.09化粧品
【皮膚と栄養】215 食物アレルギーと皮膚②
2022.08.08化粧品
【皮膚と栄養】214 食物アレルギーと皮膚①
2022.08.06化粧品
【皮膚と栄養】213 皮膚のバリア機能と食物アレルギー
2022.08.05栄養士より
【キャンペーンのお知らせ】暑い季節の体調管理

続きを見る

ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養