たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】68 ヒアルロン酸

2021.09.27

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

今回はヒアルロン酸についてご紹介します

ヒアルロン酸は、ムコ多糖類という粘液状の性質の物質の一種

眼球や皮膚の真皮層、軟骨などに多く存在します

ゼリー状、の形態によって弾力や保水性があり、細胞同士を結び付ける役割をします 

 

『ヒアルロン酸1gの保水量は水6リットル』と、

皆さんもどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか

保水性が高く、水分を保つことで皮膚の乾燥を防ぎ、軟骨の保水による粘性で

関節の動きを潤滑にします

鶏のとさかから抽出したり、乳酸菌を利用した生成によって生産されたヒアルロン酸は

・医療(変形性膝関節症や白内障、シワ改善の美容医療)や

・化粧品(乾燥による小じわを防ぐ保湿成分として)

・健康食品(膝の違和感や乾燥肌への機能性表示あり)などに利用されています

なお皮膚のヒアルロン酸量は、加齢による減少紫外線による変性という

二重の影響を受けます

コラーゲンやエラスチンを始め、皮膚の存在する成分は

ことごとく紫外線によるダメージを受けるようです

紫外線対策の重要性がうかがえますね!

 

 

~ご案内~

ミキ薬局田端店内にはスキンケアコーナー【mikiLuce(ミキルーチェ)】がございます

スキンケアマイスター・コスメマイスター資格を持つ薬剤師と

管理栄養士が常駐しており、スキンケアの提案や商品のご案内を行っております

ぜひお立ち寄りください!

 

たべ新聞

2022.10.05化粧品
【皮膚と栄養】266 化粧品の食品成分㊵ パセリ
2022.10.04化粧品
【皮膚と栄養】265 化粧品の食品成分㊴ サクラ(桜)
2022.10.03化粧品
【皮膚と栄養】264 化粧品の食品成分㊳ シラカバ(白樺)
2022.10.01化粧品
【皮膚と栄養】263 化粧品の食品成分㊲ スギナ(ツクシ)
2022.09.30栄養士より
【キャンペーンのお知らせ】今こそ!ロコモ対策
2022.09.30化粧品
【皮膚と栄養】253 化粧品の食品成分㊱ ゴボウ(牛蒡)
2022.09.29化粧品
【皮膚と栄養】252 化粧品の食品成分㉟ オクラ
2022.09.28化粧品
【皮膚と栄養】251 化粧品の食品成分㉞ サンショウ(山椒)
2022.09.27ミキ薬局からのお知らせ
【2022年10月】田端店栄養相談のお知らせ
2022.09.26化粧品
【皮膚と栄養】250 化粧品の食品成分㉝ ブドウ

続きを見る

ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養