たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】100 マンガン

2022.02.01

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

今回はマンガンについてのご紹介です

マンガンはおもに土壌から吸収する植物の組織に多く含まれ

これを摂取した成人の体内には12~20㎎の範囲で存在します

このため、特に『菜食主義』の傾向のある方では

体内には多く分布する傾向です

なお、食品に含まれる分量も摂取後の吸収率も低いものの

人体が1日に必要をする量も少ないため

食生活による過剰症・欠乏症は共に、まず生じることはありません

 

マンガンは、体内のさまざまな機能を担う酵素の成分となったり

酵素を活性化させる『補酵素』の成分としても働きます

例えば皮膚などの結合組織や骨・軟骨の合成

骨へのカルシウムやマグネシウムといったミネラルの沈着など

関わっています

偏食で野菜や豆、海藻、芋、ナッツ類や果物などの摂り方が少ない方は

特に意識してこれらを食べる機会を増やしましょう

栄養成分は体内で複合的に関わり合い、心身の健康を支えています!

ミキ薬局からのお知らせ

2023.02.01化粧品
【皮膚と栄養】365 フキ(蕗)
2023.01.31化粧品
【皮膚と栄養】354 ササ(笹)
2023.01.28化粧品
【皮膚と栄養】353 ヨモギ(蓬)
2023.01.27化粧品
【皮膚と栄養】351 ゲットウ(月桃)
2023.01.26化粧品
【皮膚と栄養】350 オレガノ
2023.01.25化粧品
【皮膚と栄養】349 レモンバーム(メリッサ)
2023.01.24化粧品
【皮膚と栄養】348 パプリカ
2023.01.23化粧品
【皮膚と栄養】347 マジョラム
2023.01.21化粧品
【皮膚と栄養】346 アニス
2023.01.20化粧品
【皮膚と栄養】345 オールスパイス
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養