たべ新聞

0

お知らせ

【皮膚と栄養】101 モリブデン

2022.02.03

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

本日はモリブデンについての紹介です

刃物(包丁や医療用メス)などの素材としてよく知られています

栄養成分としては、体内の酸化還元反応や、糖質・脂質の代謝を促す酵素

の成分として働きます 

また血中の鉄量が少ない場合は、肝臓などに蓄えていた鉄を血中に移して

血液を作り出す働きを助けます

いずれも皮膚のコンディションを保つために欠かせない働きです

プリン体を代謝して尿酸に作り替える働きもします

これらの働きは主に肝臓や腎臓で行われるため

モリブデンは肝臓・腎臓に多く分布しています

            

食品には、レバー(肝臓)や乳製品、豆や穀類やナッツ類に多く含まれます

吸収率は約75%と他のミネラルに比べ格段の高さです

また、過剰に摂取した場合には体内に蓄積されず速やかに排泄されます

このため、通常の食事で欠乏症や過剰症を生じることはまず有りません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たべ新聞

2022.12.09栄養士より
【商品紹介】ポッカサッポロ キレートレモンMUKUMI
2022.12.09化粧品
【皮膚と栄養】316 ちょっと寄り道 (スケトウダラ)
2022.12.08化粧品
【皮膚と栄養】315 皮膚とアミノ酸類㉒ ヒスチジン
2022.12.07化粧品
【皮膚と栄養】314 皮膚とアミノ酸類㉑ フェニルアラニン
2022.12.06化粧品
【皮膚と栄養】313 皮膚とアミノ酸類⑳ アラニン
2022.12.05化粧品
【皮膚と栄養】312 皮膚とアミノ酸類⑲ グリシン
2022.12.03化粧品
【皮膚と栄養】311 皮膚とアミノ酸類⑱ スレオニン
2022.12.02栄養士より
【2022年12月】ミキ薬局各店で栄養相談を行っております
2022.12.01化粧品
【皮膚と栄養】310 皮膚とアミノ酸類⑰  プロリン
2022.11.30化粧品
【皮膚と栄養】309 皮膚とアミノ酸類⑯ メチオニン

続きを見る

ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養