たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】91 ナトリウム

2022.01.12

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

ナトリウムについての紹介をします

ナトリウムは人体に約100g存在し、体内の水分量や筋肉・神経の働きを調整します

通常は食塩(塩化ナトリウム)から摂っています

食塩を摂り過ぎると、体は体内の水分量を増やして血液中のナトリウム濃度を

一定に保とうとします

(この時必要な水分を十分に確保するように、体はサインとして『喉の渇き』を生じます)

すると血液量が増し、心臓から全身に血液を送り出す圧力が増し、血圧が上昇します

さらにこの状態が慢性化すると、ナトリウムの影響により動脈硬化も来します

 

また、体内ではカリウムがナトリウムの排出を促しますが

ナトリウムの摂取量が多いと、カリウムの排出量も増加します

すると細胞と細胞の間に余分な水分が蓄積し、体内に水分が留まり易くなります

すりとむくみ冷えを生じるだけでなく、栄養・老廃物の受渡しが滞り

その組織の中に滞留し、『詰まった』状態となります

これが肌の凹凸『セルライト』です

 

また、多量に汗をかいた場合には、通常の汗よりもナトリウム濃度が高く

ベタついた汗になります

そのまま汗が渇いて肌に成分が残ると、皮膚に刺激となってしまいます

濡れタオルなどでふき取るようにしましょう

(多量の発汗では体に必要なナトリウムも失います。経口補水液やイオン飲料で速やかに補いましょう)

 

なお、入浴剤にはしばしば『保温による血流促進』を目的として

硫酸ナトリウム炭酸水素ナトリウム(別名:重炭酸ナトリウム , 重曹)が

添加されています

血液の巡りを促し、皮膚のコンディションを健やかに保ちましょう!

 

                         

化粧品

2022.12.09化粧品
【皮膚と栄養】316 ちょっと寄り道 (スケトウダラ)
2022.12.08化粧品
【皮膚と栄養】315 皮膚とアミノ酸類㉒ ヒスチジン
2022.12.07化粧品
【皮膚と栄養】314 皮膚とアミノ酸類㉑ フェニルアラニン
2022.12.06化粧品
【皮膚と栄養】313 皮膚とアミノ酸類⑳ アラニン
2022.12.05化粧品
【皮膚と栄養】312 皮膚とアミノ酸類⑲ グリシン
2022.12.03化粧品
【皮膚と栄養】311 皮膚とアミノ酸類⑱ スレオニン
2022.12.01化粧品
【皮膚と栄養】310 皮膚とアミノ酸類⑰  プロリン
2022.11.30化粧品
【皮膚と栄養】309 皮膚とアミノ酸類⑯ メチオニン
2022.11.29化粧品
【皮膚と栄養】308 皮膚とアミノ酸類⑮ セリン
2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養