たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】93 マグネシウム

2022.01.17

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士畠山です

今回はマグネシウムについてのご紹介です

マグネシウムは海藻大豆いわし蕎麦ココアナッツや種実類に豊富に含まれます

体内には25g程存在し、5~6割が骨に、2割が筋肉中に、他は全身に幅広く分布します

さまざまな酵素反応や、エネルギー代謝に関わるミネラルです 

                           

皮膚においては保湿作用のあるセラミドの生成を促しバリア機能の修復に関わる不可欠な成分です

角質層にイオン化したマグネシウムが浸透すると保湿作用も得られるため

マグネシウムを含む海水を利用した『タラソテラピー』が国内外で実施されています

日常的には、マグネシウム化合物を含む入浴剤をスキンケアに利用することができます

 

食事では、通常の食生活で必要なマグネシウム量が確保できます

摂取量が若干不足しても、腎臓で排出を抑え体内量を調整するため欠乏症はまず生じません

反対に過剰に摂取しても、小腸が吸収を抑え体内量を調整するため過剰症を生じることは稀です                

なお、加工食品の添加物や肉類の摂り過ぎによるリンの過剰摂取

アルコール・カフェイン飲料の飲用などによる脱水・利尿作用

体内に必要なマグネシウムまで排出させてしまいます

食事内容の偏りに注意するようにしましょう!

 

          

化粧品

2022.12.09化粧品
【皮膚と栄養】316 ちょっと寄り道 (スケトウダラ)
2022.12.08化粧品
【皮膚と栄養】315 皮膚とアミノ酸類㉒ ヒスチジン
2022.12.07化粧品
【皮膚と栄養】314 皮膚とアミノ酸類㉑ フェニルアラニン
2022.12.06化粧品
【皮膚と栄養】313 皮膚とアミノ酸類⑳ アラニン
2022.12.05化粧品
【皮膚と栄養】312 皮膚とアミノ酸類⑲ グリシン
2022.12.03化粧品
【皮膚と栄養】311 皮膚とアミノ酸類⑱ スレオニン
2022.12.01化粧品
【皮膚と栄養】310 皮膚とアミノ酸類⑰  プロリン
2022.11.30化粧品
【皮膚と栄養】309 皮膚とアミノ酸類⑯ メチオニン
2022.11.29化粧品
【皮膚と栄養】308 皮膚とアミノ酸類⑮ セリン
2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養