たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】110 脂質を摂り過ぎると?

2022.02.26

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

脂質は調理用の油脂や調味料、各種食品に含まれます

1gで9kcalと、糖質やたん白質の2倍以上のエネルギーがあり

少ない分量で効率良くエネルギーを摂取し、コンパクトに体内に貯蔵することが出来ます

 

なお過剰摂取は脂質を代謝するビタミンB2やB6の浪費を招き

皮膚においては吹き出物や肌荒れ等の要因となるほか

皮下脂肪の過剰な蓄積セルライトや肉割れ(妊娠線)の誘因となります

さらに体重を増し血圧上昇など循環器に負担を与えますし

血中脂質の増加は動脈硬化を引き起こす要因となります

過剰な内臓脂肪は、内臓の正常な働きを妨げ各種ホルモンの働きに影響します

このように、脂質の過剰摂取はあらゆる生活習慣病の要因となります

                        

【望ましい摂り方】

厚生労働省の食事摂取基準では

1日の摂取エネルギーの20~30%の範囲で脂質で摂ることを適量として推奨しています

けれども食生活の欧米化が進むにつれ、脂質の比率は上昇傾向にあります

このため日々の食生活の中で、意識して調整する必要があります

近年は体に良い油脂(アマニ油・えごま油・オリーブ油・ココナツ油など)が注目され

積極的な摂取が推奨されていますが

これらの油脂をはじめ、サラダ油・バター・マヨネーズ・ドレッシング・練り胡麻・

ナッツ類などの脂質の多い食品の適量は、各種取り混ぜて大さじ1杯強程度です

この他にも、クッキー・パウンドケーキ・アイスクリーム・チョコレート

カレーやシチューの固形のルーなど、脂質の割合が高い食品はたくさんあります

製品の成分表示を確認し、口にしている脂質の量やカロリーを確かめてみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

化粧品

2022.12.09化粧品
【皮膚と栄養】316 ちょっと寄り道 (スケトウダラ)
2022.12.08化粧品
【皮膚と栄養】315 皮膚とアミノ酸類㉒ ヒスチジン
2022.12.07化粧品
【皮膚と栄養】314 皮膚とアミノ酸類㉑ フェニルアラニン
2022.12.06化粧品
【皮膚と栄養】313 皮膚とアミノ酸類⑳ アラニン
2022.12.05化粧品
【皮膚と栄養】312 皮膚とアミノ酸類⑲ グリシン
2022.12.03化粧品
【皮膚と栄養】311 皮膚とアミノ酸類⑱ スレオニン
2022.12.01化粧品
【皮膚と栄養】310 皮膚とアミノ酸類⑰  プロリン
2022.11.30化粧品
【皮膚と栄養】309 皮膚とアミノ酸類⑯ メチオニン
2022.11.29化粧品
【皮膚と栄養】308 皮膚とアミノ酸類⑮ セリン
2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養