たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】108 糖化とは?

2022.02.19

皆さんこんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

突然ですが、タレの焦げ目が香ばしい焼き鳥や

こんがり綺麗な焼き色のパンケーキお好きですか?

 

これらのおいしそうな色や香りは、加熱によってたん白質に糖質が結びつく

糖化 反応による食材の変化です

人体の細胞でも同様に、『糖化』の反応は起こりますが

こちらは料理のような良い結果をもたらす反応ではありません

例えば★糖質の割合が高い飲食の直後 ★食べ過ぎた後 は血糖値が急上昇します

すると体のあらゆる組織に過剰な糖が運ばれ、細胞の主たる成分であるたん白質に

糖質が結びつき(糖化)、細胞の本来の状態が損なわれます

例えばそれが皮膚の細胞の糖化であった場合

くすみを生じたり、弾力を損ないゴワつきたるみなど生じる要因となります

このように糖化は、酸化と共に老化に拍車をかける大きな要素です

 

糖化を防ぐ方法としては

☆糖質の割合を抑えた食事をする  ☆腹八分目の食事をする

☆食後に身体活動を行い糖エネルギーを消費する         

といった方法が考えられます!

 

   ~ 次回は『糖質の摂り方が不足するとどうなる?』のお話です ~

化粧品

2022.12.09化粧品
【皮膚と栄養】316 ちょっと寄り道 (スケトウダラ)
2022.12.08化粧品
【皮膚と栄養】315 皮膚とアミノ酸類㉒ ヒスチジン
2022.12.07化粧品
【皮膚と栄養】314 皮膚とアミノ酸類㉑ フェニルアラニン
2022.12.06化粧品
【皮膚と栄養】313 皮膚とアミノ酸類⑳ アラニン
2022.12.05化粧品
【皮膚と栄養】312 皮膚とアミノ酸類⑲ グリシン
2022.12.03化粧品
【皮膚と栄養】311 皮膚とアミノ酸類⑱ スレオニン
2022.12.01化粧品
【皮膚と栄養】310 皮膚とアミノ酸類⑰  プロリン
2022.11.30化粧品
【皮膚と栄養】309 皮膚とアミノ酸類⑯ メチオニン
2022.11.29化粧品
【皮膚と栄養】308 皮膚とアミノ酸類⑮ セリン
2022.11.26化粧品
【皮膚と栄養】307 皮膚とアミノ酸類⑭ チロシン
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養