たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】126 インナーケアと夕食

2022.04.01

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

前回触れた夕食の摂り方ついてもう少し詳しくご案内します

体内では、夜間の深い睡眠の間成長ホルモン』が多く分泌されますす

成長期以降も、成長ホルモンの作用によって皮膚・身体組織が新陳代謝するため

原料の確保夕食時に行う必要があります

けれども消化に時間がかかる脂質や食物繊維の多量摂取・食べ過ぎ就寝直前の食事

などは就寝中の消化活動により身体の休息を妨げ、睡眠を浅く、質を低下させます

すると成長ホルモンの分泌量が大幅に減少します

このため夕食の摂り方消化の良い低脂質・良質なたん白質・軽め・早め望ましいです

                 

おすすめの食材は、乳製品大豆製品低脂質の赤身肉や白身魚などです

たん白質の利用効率が高く、乳製品はカルシウム、大豆製品や赤身肉は鉄が豊富です

さらにチーズやヨーグルトは乳酸発酵によりカルシウムの吸収率が増しますし

低脂肪のチーズ(カテージチーズやモッツアレラチーズ)もあります

高脂質の生クリームが原料のクリームチーズ類、アイスクリーム、デザート類は

活動によるエネルギー利用の機会がある日中の摂取の方が望ましいです

豆乳・豆腐・納豆など大豆製品は、カルシウムは多くないものの鉄は豊富で低脂質です

鉄はビタミンCとともにコラーゲンの生成を助け、貧血対策となり血色を明るくする

ミネラルです

皮膚や身体のコンディションのため、夕食はなるべく時間・量・質の条件を揃えて

摂りたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

化粧品

2022.06.25化粧品
【皮膚と栄養】179 栄養成分のイメージと実際㊳ 脂質中の成分
2022.06.24化粧品
【皮膚と栄養】178 栄養成分のイメージと実際㊲ 脂肪酸の種類
2022.06.23化粧品
【皮膚と栄養】177 栄養成分のイメージと実際㊱ 油脂ー3
2022.06.22化粧品
【皮膚と栄養】176 栄養成分のイメージと実際㉟ 油脂ー2
2022.06.21化粧品
【皮膚と栄養】175 栄養成分のイメージと実際㉞ 油脂ー1
2022.06.20化粧品
【皮膚と栄養】174ちょっと寄り道 食物アレルギーを生じ易い食品
2022.06.18化粧品
【皮膚と栄養】173 栄養成分のイメージと実際㉝ カルノシン 
2022.06.17化粧品
【皮膚と栄養】172 栄養成分のイメージと実際㉜ カリウム
2022.06.16化粧品
【皮膚と栄養】171 栄養成分のイメージと実際㉛ ネバネバ成分
2022.06.15化粧品
【皮膚と栄養】170 栄養成分のイメージと実際㉚ プラセンタ
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養