たべ新聞

0

化粧品

【皮膚と栄養】129 インナーケアと入浴①

2022.04.07

こんにちは ミキ薬局管理栄養士 畠山です

入浴は、皮膚の清潔を保つスキンケアであると共に、インナーケアとして体内からも皮膚に大きく働きかけます

3回シリーズで、そのはたらきをご案内します

①水圧

シャワーによるピンポイントのマッサージ刺激が得られるほか、湯船に浸かると、全身の皮膚に水圧がかかり皮下組織まで深く刺激します

これにより全身のリンパ液や血液の流れが促進されます

なお、首まで湯船に浸かると全身に掛かる圧によって心臓に送られる血液量が増し心臓への負担が強まります

心身ともにリラックス状態を得るには、みぞおちの辺りまで浅めに浸かり、心臓への負担を軽減しましょう

②湯温

熱いお湯に浸かると交感神経が刺激され、脳や身体の覚醒をしたい時に適しています

またぬるめのお湯に浸かると副交感神経が優位に働くため、リラックスしたい・グッスリ眠りたい時に適しています

入浴の2時間位前に入浴すると、発汗による体温低下により就寝時に体の深部の温度が低下し、内臓や脳が安静・鎮静化し、深く眠ることが出来ます

深い眠りは成長ホルモンの分泌を促し新陳代謝を促進します

そして、質の良い眠りは昼夜の生体リズムの波を整える助けになります

化粧品

2022.06.25化粧品
【皮膚と栄養】179 栄養成分のイメージと実際㊳ 脂質中の成分
2022.06.24化粧品
【皮膚と栄養】178 栄養成分のイメージと実際㊲ 脂肪酸の種類
2022.06.23化粧品
【皮膚と栄養】177 栄養成分のイメージと実際㊱ 油脂ー3
2022.06.22化粧品
【皮膚と栄養】176 栄養成分のイメージと実際㉟ 油脂ー2
2022.06.21化粧品
【皮膚と栄養】175 栄養成分のイメージと実際㉞ 油脂ー1
2022.06.20化粧品
【皮膚と栄養】174ちょっと寄り道 食物アレルギーを生じ易い食品
2022.06.18化粧品
【皮膚と栄養】173 栄養成分のイメージと実際㉝ カルノシン 
2022.06.17化粧品
【皮膚と栄養】172 栄養成分のイメージと実際㉜ カリウム
2022.06.16化粧品
【皮膚と栄養】171 栄養成分のイメージと実際㉛ ネバネバ成分
2022.06.15化粧品
【皮膚と栄養】170 栄養成分のイメージと実際㉚ プラセンタ
ページの先頭へ

季節のこんだて

ミキ薬局おすすめ

健康のレシピ

スポーツ栄養